プロミス

賢者はこうする!お得なキャッシング業者の選び方とは

誰かとお付き合いする時に、全く見知らぬ人とお付き合いするのはいささか無謀・・・というよりも、賢い選択とは言えません。実はキャッシング業者も同じなんです。ひとたびお金を借りれば、返済期間だけでなく次回以降のキャッシングも含め、長い「交際期間」をもつことになるわけですから、キャッシング業者の選択においても業者のことをよく知っている必要があります。

では、賢い業者選択をするためには、キャッシング各社のどんな点を見れば良いのでしょうか?それは、各社のサービス内容です。もちろん、以前話したように大手のキャッシング会社を選ぶことが前提とはなりますが、その他に大切な視点、それは各社が提供するサービスなのです。

各種会員サービス

キャッシングを利用する上でどうしても注目せざるを得ないのは、各種会員サービスです。キャッシングを一言で言えば現金を借りることですが、現金を借りられれば良い時代ではなくなりました。利用者が如何に心地よくキャッシングサービスを利用できるか、キャッシング各社のサービスの重要度がさらに増しているのです。

対象となるキャッシング業者はどんな会員サービスを設けているでしょうか?利用する上で便利と思えるサービスを展開しているでしょうか?例えば、キャッシング大手の「プロミス」は、豊富な会員サービスを実施しています。「瞬フリ」や「代フリ」サービス、「ポイントサービス」「返済日お知らせメール」などなど、利用するのにお得で便利なサービスがいっぱいです。

こうした会員サービスを徹底比較することにより、賢い業者選択が可能になります。

無利息期間がある業者

キャッシングと一体となっているものと言えば「利息」ですが、利息はいわば利用者がキャッシング業者に払う手数料と言えるでしょう。長く借りれば借りるほど、また利用金額が多ければ多いほど、返済時の利息も増えるのが常となっています。

この利息に関してですが、一部の業者では無利息期間というのを設けていて、一定の期間内に返済すれば無利息で借入できるサービスを実施しています。すべての業者で行っているサービスではないので、無利息期間を定めている業者を選択するのが賢明です。

上場企業か否か

これは会員サービス内容と直接関係ない点ですが、親会社またはキャッシング業者自体が上場企業であることは一つの目安となります。上場企業は様々な株主の視線が注がれていますから、サービス力が落ちたならすぐに指摘されます。

ですから、上場企業というのは株主の力が大きく働き、間接的にサービス力に貢献しているのです。上場企業か否かという視点でその業者を比較してみるのも一つの選択でしょう。
(⇒親会社が上場企業で且つ無利息サービスがあるのはプロミス!

以上、キャッシング業者の比較ポイントお分かりいただけたと思います。これらの視点で賢い業者選択を行なうことにしましょう。

こうして多重債務を予防しよう!金利に関わるキャッシング基礎知識

キャッシングの基礎として以前も学びましたが、キャッシングしたら返済時に利息と元本金を返済していくことになります。この金利は・・・

・貸金業者
・借入金額
・借入期間

の3点によって変わります。この基本を理解していないと、容易に多重債務に陥る可能性がありますから、金利に関する基礎をしっかりと習得しておくことが先決です。

借入額と金利の関係

返済額がいくらになるかを計算したいなら、上記の借入金額と借入期間、そして何より重要なのが金利を考慮しなければなりません。では、仮に50万円を3年間借りた時に、金利によって返済額はいくらになるのか計算してみましょう。

金利7%=利息55,770円
金利10%=利息80,404円
金利13%=利息103,733円
金利15%=利息120,605円
金利18%=利息147,073円
金利20%=利息164,855円

以上のように、金利が変動すれば返済額が異なりますが、注意したいのは「利息制限法」です。利息制限法では、10万円未満の借入の場合、上限金利は20%、10万円以上100万円未満の場合は18%、100万円を超える場合は15%の金利となっていますので、50万円の借入なら金利は高くても18%となります。

上限金利の18%が適用なら、利息は147,073円、返済総額は3年で647,073円となります。この返済総額に対して7,500円が大きな目安となるのですが、毎月7,500円返済なら毎月利息のみの返済となり、元本の返済をすることができません。

つまり、毎月最低でも7,500円を超える金額を返済しなければ、永遠に返済しなければならないことになります。ですから、50万円を3年間借りたなら毎月いくら返済できるかを計算することからキャッシングは始まります。金利によって返済額や返済年数が大きく変わるので、自分の借入希望額、金利すべてを考慮してキャッシング計画を立てましょう。

日本だけじゃない、世界で利用されるキャッシングとその金利

今ではコンビニでも利用できるほどにキャッシングは身近なものとなりましたが、現金の融資を受けられるキャッシング商品は、日本だけでなく世界中で利用されているものです。では、世界各国のキャッシングとその金利はどのようなものとなっているでしょうか?以下、簡単にご紹介したいと思います。

世界各国のキャッシングとその金利

一応確認ですが、日本でのキャッシングと深い関係がある法律と言えば利息制限法と出資法の二つで、いずれも上限金利は20.0%と規定されていることは以前学びましたね。それをふまえて、各国の金利を見ていくと比較ができると思います。

例えば、同盟国であるアメリカでのキャッシング金利はというと、実はアメリカは州政府によって差があるのです。ですから、どの州に住んでいるかによってもキャッシングの金利が大きく異なり、場所によっては日本の最低金利よりも低い州もありますし、その逆で、日本からするとかなり高いと思える金利が設定されている州もあります。

大まかにいうと、8~36%の中で金利が設定されています。しかし、36%というのは非常に高い金利であり、グレーゾーンが撤廃される前の日本でも上限は29.2%となっていましたから、36%ではキャッシングしたいと思いませんね。

ヨーロッパの代表的な国の一つフランスは、日本のキャッシング会社が採用している金利と非常に似ていて、だいたい10~18%が一般的です。また、イタリアは16~38%となっていて、アメリカの最高金利36%よりも上をいく数字となっているのが印象的です。

非常に興味深いのがお隣韓国や東南アジア諸国で、なんと上限金利が設けられておらず、貸金業者は金利を自由に設定できるようになっています。この状況の背景を読み取ると、発展途上の国では金融システムがまだまだ確立されていないと言えますね。

金融基盤がしっかりしている日本

世界各国の金利状況を比較してみると、日本の金利は高いわけでなく、いたって普通と言えるのではないでしょうか?言い換えるならば、日本の金融システム基盤はかなり強固なものであり、貸金業者を含め金融業者は世界の中でもかなり優良企業であることがお分かり頂けると思います。

しかし、自分がキャッシングをするとなると、やはり大手のキャッシング会社で借入をしたいのが本音でしょう。金銭の取引は信用・信頼が非常に大切です。
(⇒大手キャッシング会社ならここが断然お得!

中小企業じゃ絶対ダメ!大手キャッシング会社を利用するべき理由とは

小さな会社から上場するような大きな会社まで、キャッシング会社の種類はさまざまです。しかし、消費者である私たちはどんな種のキャッシング会社を選択すれば良いのでしょうか?

答えから言いますと、間違いなく「大手キャッシング会社」を利用するべきでしょう。大手を利用すべき理由とは一体なんなのか、ここで簡単に説明していきたいと思います。

安心感がまるで違う

例えば、上場している企業というのは、上場基準を満たしているからこそ継続して上場し且つ株式を公開できているわけです。それだけ消費者からも公的機関からも信用を得ているわけです。そんな企業でキャッシングをすると、安心感は抜群です。

逆に、名前があまり知られていないような中小企業での借入は不安がつきまといます。突然取り立てが押し寄せてくるのでは・・・なんて考える方もいるほどです。それが実際にあるか否かは別として、安心して借入をしたいなら絶対大手企業でのキャッシングがおすすめです。
(⇒東証1部に上場する大企業が親会社のキャッシング業者はこちら

さまざまなリスクを軽減できる

キャッシング業界だけでなくどの業界でもよく聞く話ですが、中小企業から個人情報が頻繁に流出しています。ほとんどの場合は「事故」と信じたいのですが、中には「故意」に情報を流出させる場合もあるようです。どこまでが真実かは分かりませんが、情報を買う側と売る側が闇の世界にいるのは間違いありません。

その違法行為に携わっている可能性があるような小さなキャッシング会社での借入には、やはりリスクが伴います。そういうことが必ずあるわけではないということは改めて強調しておきますが、上場企業のような大手のキャッシング業者ならば、何かと安心です。
(⇒日本3大メガバンクの一角が営むキャッシング業者はこちら

サービスの充実度

大手のキャッシング業者はそれだけ財源がしっかりしているのが現状です。財源が確保されていると、たいてい顧客へ質の高いサービスという形で還元されます。ですから、大手のキャッシング会社を選ぶにはもっともな理由があるのです。

例えば、三井住友FGの子会社であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは如何でしょうか?目を見張るほどの豊富な会員サービスを提供しています。一般の中小企業とは比較にならないほどですから、その観点から見ても大手のキャッシング会社を選ぶのは賢明な選択と言えるのです。

以上、大手キャッシング会社を利用すべき理由を挙げてみました。さっそく大手企業でキャッシングを始めることにしましょう。

心を定めよ!誰にも絶対必要なキャッシングの心得とは

キャッシングをする主な理由に挙げられているのが、「生活費の補てん」であることは以前お話ししましたね。その理由からしても、キャッシングをする状況はけっこう緊張の高鳴るものであることが理解できます。しかし、そのような時こそ、キャッシングに対する正しい心得が必要なのです。

キャッシングは借金だ

キャッシングの定義をおさらいすると、現金融資を受けること、言い換えるならそれは借金です。しかし、切羽詰まった状況や緊張した状況でキャッシングすると、その事実を忘れがちです。キャッシングは借金であり、借りたお金は必ず返済するもの、ということを忘れることのないようにしましょう。

借金の返済を怠るとどうなるでしょうか?まずは遅延利率が課され、さらに多くの返済を迫られます。それでも返済しないと・・・後の恐怖の実態は別の記事でご紹介することにしましょう。
(⇒返済を怠る結末とは

業者選びに要注意!

お金を今すぐ借りたい!という気持ちを置いといて、先ず確認したいのは利用するキャッシング業者です。そのキャッシング業者は大手のキャッシング会社でしょうか?その業者のサービスの質はいかがでしょうか?無利息サービスは実施されているでしょうか?

以上のように、比較項目はたくさんあるわけですが、それを怠って業者選びに失敗した方も少なくありません。自分のニーズに合っている業者なのはもちろん、最低限の条件をクリアしているキャッシング会社を賢く選択することにしましょう。
(⇒お得なキャッシング業者の選び方

返済計画を立てよう

借りるだけでなく返すまでがキャッシングです。如何に上手に返済するかが‘大人のキャッシング’と言えるでしょう。借入前に返済計画を綿密に行いましょう。

自分の収入はいくらか、その中から月にいくらなら返済可能か、それをふまえて借入額を決め、毎月の返済を確実に行なっていきましょう。ちなみに、自分の収入から毎月の生活に必要な支出を引いた額の10~15%が、毎月の返済額にあてられると言われています。

例えば、収入が20万円、生活費が14万円だと、残りの6万円の10%は6千円、15%は9千円となります。その金額を目安に借入を行なうなら、返済を滞りなく行えるでしょう。
(⇒成功するキャッシング計画の立て方

以上のように、キャッシング利用前にいくつかの点を考慮し、心を定める必要があります。心構えがしっかりできたなら、さっそくキャッシングの申込みを行ないましょう!

クレジットカードのキャッシング枠と意外と知られていない罠とは

キャッシングと言ってもキャッシング方法はいくつか種類があるわけですね。とりわけ気軽にキャッシングできる方法と言えば、審査がスピーディで利用までの時間が短い消費者金融業者でのキャッシング、それに加え、クレジットカード付帯のキャッシング枠が挙げられるでしょう。

しかし、後者のクレジットカードには要注意です。その理由とは・・・以下でご紹介致します。

クレジットカードのキャッシング枠の落とし穴

クレジットカードにはたいてい締日と決済日が規定されていて、クレジットカード付帯のキャッシング枠はキャッシング利用日から決済日までの期間、金利が加算されます。

例えば、クレジットカードの締日が月の末日、引落し決済日が翌月27日だとしましょう。キャッシング利用日が20日だと合計37日間の金利が加算されキャッシングの返済を行なうことになります。同じクレジットカードで月初めの1日にキャッシングを利用したなら合計57日分の金利を支払うことになります。

このように、クレジットカードの締日と決済日の日にちによって、実は想像以上に金利を支払うことになるのですが、これを知っている人は意外にも少ないようです。ですから、緊急事態以外ではクレジットカード付帯のキャッシング枠の利用をおすすめはしません。

どうすればお得なキャッシングが可能か?

では、手軽に利用可能と思われていたクレジットカード付帯のキャッシングが利用できないとなると、どこでキャッシングすれば良いのでしょうか?一番のオススメは消費者金融業者且つ大手キャッシング会社でのキャッシングです。
(⇒なぜ大手キャッシング会社がおすすめ?

例えば、オススメNo.1の「プロミス」では、自分の都合に合わせて好きな時に全額返済することが可能です。もちろん毎月の返済日は規定されますが、非常に融通の利いた返済が可能なのです。
(⇒プロミスの返済期日についてはこちら

また、ご存知かもしれませんが、プロミスは30日間の無利息サービスを常時実施しています。初回利用の方限定ですから、プロミスでキャッシングをしたことがない方にはとりわけオススメのプロミスと無利息サービスとなっています。返済額で損するクレジットカードよりも断然お得なプロミスで早速キャッシングを始めましょう!
(⇒プロミスでの申込から利用までの流れの概要

これを知らなきゃ絶対損!賢いキャッシング利用法とは

『お金借りて金利を加えて返済する』

キャッシングを一言で言えば上記のようになりますが、キャッシングはもっと奥深い金融商品です。さらに知識を取り入れて活用すれば、賢いキャッシングができること間違いありません。ここでは、賢いキャッシングをするために必要な点を一挙ご紹介致します!

無利息期間を設ける業者を利用する

キャッシング業者の一部は、初めて借りる人を対象に無利息期間を設けていることがあります。例えば、プロミスは初めてプロミスを利用する人を対象に30日間無利息サービスを実施しています。30日間を超えると通常の金利が適用になってしまいますが、30日以内に返済のあてがある方は、積極的に無利息サービスを利用するべきです。

結局のところ、キャッシングの利用手数料は「金利」となり、これがキャッシング業者の利益となるわけです。この金利がゼロということは、実質無料でお金を借りられるということですから利用しない手はありません。

本当に必要な金額を借りる

上述したように無利息期間内で返済すれば別ですが、通常のキャッシングでは必ず利息を加えて返済することになります。そして、長期間借りればその分多額の利息を返済することになります。ですから、大切なのは必要な金額分だけを借りること、そして可能な限り早めに返済することです。

キャッシングする前に、必ず必要額を計算することにしましょう。そして必要な出費と不必要な出費を明確にしてからキャッシング申込みをしても遅くはありません。その後想定外の出費があったら、あらためてキャッシングすれば問題はありません。すべての業者ではありませんが、一部の業者では即日融資が可能です。
(⇒返済がいくらになるかシミュレーションしてみよう

臨時収入の時はこうする!

基本的には1か月に1回、キャッシング会社の規定に沿って返済するのが一般的ですが、キャッシング業者によっては返済期日に関係なく借入残高を一括返済したり、多めに返済することも可能です。ですから、状況が許す限り多めに返済していくことにしましょう。
(⇒返済期日以外にも自由に返済できる業者はこちら

とりわけ臨時収入があった時は、嬉しい気持ちをこらえて返済に充てるのが賢いキャッシング利用法と言えるでしょう。上でも少し触れましたが、返済期間が長引くほど返済額は多くなってしまうのがキャッシングです。ですから、少しでも得するには多く返済することがポイントなのです。

以上の点がキャッシングの賢い利用法となります。これらを参考にしながらキャッシングすると、借入も返済もスムーズにできるはずですから、さっそく試してみて下さいね。

キャッシング商品を金利だけで比較できない大切な理由とは

これからキャッシングをしようと考えている大部分の方がそうだと思いますが、利用する業者を選択する上での大切な比較ポイントを「金利」としています。それもそのはず、金利が低ければそれだけ返済額が減ることになりますから、利用者にとってお得なのは言うまでもありません。

しかし、注目ポイントは金利だけではありません。言い換えるならば、キャッシング各社の取扱商品によって金利が異なりますから、自分がどんなキャッシングをしたいのか、その目的によって利用商品が異なり、結果として金利も変わってきます。ですから、金利だけに注目するのではなく、自分の望むキャッシング商品をまずは選択することはかなり重要です。

商品によって違う金利

一例を見てみると金利の違いがよく分かると思います。キャッシングするなら大手キャッシング会社が断然おすすめですが、その中でもオススメNo.1の「プロミス」の取扱商品と金利を実際に見てみましょう。

プロミスでフリーキャッシングをしたいのか、それとも使途が決まっている目的ローンで現金融資を受けたいのか、それによって金利が以下のように異なります。

◆フリーキャッシング:6.3~17.8%
◆目的ローン:6.3~16.5%

以前もお話ししましたが、正しい金利の見方は‘提示される金利の最高金利で比較すること’でしたね。では、上記の金利を比較すると如何でしょうか、目的ローンの方が金利が低いのは一目瞭然です。

ですから、フリーキャッシングの金利だけで他業者と比較するだけでなく、自分が利用したい商品の金利と他社のものを比較することが非常に大切なのです。

利息のスペシャルサービスも忘れちゃいけない

以上のように、金利比較の重要性おわかりいただけたと思いますが、その他に大切なことがあります。それは、利息のいらないキャッシングサービスです。一部の業者では無利息期間を定めていて、期間内に返済すれば利息はかかりません。

ですから、通常の金利の比較に加え無利息サービスがあるかどうかも比較し、よりお得なキャッシングを行なうことにしましょう。因みに、上記で少し触れた「プロミス」は30日間の無利息サービスを実施していますので、お見逃しなく!

低金利が嬉しくないわけがない、じゃあ金利って下げられるの?

前回の記事で紹介したように、現在キャッシングをした場合の上限金利は20.0%となっています。しかし、これはあくまでも上限金利であって、それよりも低い金利で借りられればお得なのは言うまでもありませんね。例えば、50万円を金利20%で借りるのと15%で借りるのでは、返済額にどれくらい差がでると思いますか?半年(180日)借入したとして計算してみると・・・

◆金利20%の場合:50万円×0.2÷365日×180日=49,315円
◇金利15%の場合:50万円×0.15÷365日×180日=36,986円

49,315円-36,986円=12,329円

何と12,329円もの差額が生じることになるのです。金利が低ければ低いほどお得なことお分かりいただけたと思います。しかし、キャッシングを初めて利用する人は、たいていの場合、利用する業者の最大金利が適用されます。その金利を下げることは可能なのでしょうか?

こうやって金利を下げよう!

初回利用者がいきなり「金利を下げてください!」と請求しても、きっと門前払いになるでしょう。金利下げ願いをする場合には、キャッシング各社が納得させるだけの‘信用’がなくてはなりません。つまり、返済能力が高く、必ず返済することを証明できる実績が必要なのです。

ですから、金利を下げてもらうためには、利用する業者で「優良顧客」となる必要があります。そのために、返済を滞らせることなくキャッシングの利用を継続することです。あくまでも目安ですが、最低1年以上、融資額10万円以上の実績が必要になると思われます。このように優良顧客になれば、キャッシング各社は「手放したくない大切なお客様」と思うようになるので、金利下げ願いに応じる可能性が高くなります。

信用情報には気を付ける

金利の引き下げ願いをする時は必ず自分で行い、弁護士などを通さずに行うのがベストです。なぜかと言いますと、弁護士などを通して請求すると、キャッシング業者によっては信用情報に「事故記録」として記録する可能性があるからです。

信用情報に事故記録が載ると、いわゆる「ブラック」になるわけですから、ブラックになればその後新規でキャッシングすることは不可になりますし、新たなローンを組むこともできなくなります。ですから、信用情報に記録されないように自分で上手に交渉することが条件となるわけです。

以上の点を踏まえ、金利下げ願いにトライしてみましょう!

先ずは座って考えよう、成功するキャッシング計画を立てる!

目の前の問題を解決するため、突発的な用事に対応するため・・・理由はさまざまかもしれませんが、そのキャッシング、本当に大丈夫ですか?今お金を借りて全く問題ありませんか?確かに、キャッシングは無担保・無保証で現金融資を受けられますので、大変便利なサービスなのは間違いありません。

しかし、ここで一呼吸おいて客観的に考えてみましょう。キャッシングは借金をすることですから、中途半端な気持ちで、または全く計画性のない利用はすすめられていません。成功するキャッシング計画を一緒に立てることにしましょう。

毎月の収入はいくら?

最初に考えたいのはあなたの毎月の収入です。たいていのキャッシング業者が利用対象者の条件としているのは、「定期収入がある方」です。アルバイトでも派遣社員でも問題ありません。安定した定期収入が必須条件となっているのです。

あなたの毎月の収入は平均していくらになるのか、実際に計算してみましょう。道理にかなった範囲で安定した「定期収入」を得ていると言えるでしょうか。客観的に自分の収入を考えることが成功の第一歩となります。

他に借金はない?

あなたは、すでに他のキャッシング業者で借金をしていませんか?もちろんしているからといって問題になるわけではありません。しかし、すでにキャッシングをしているとなると、多重債務に陥る危険が増します。実際、キャッシングをしている人の理由ランキングでは、他の借金を返すためとの回答が上位にランクインしているのです。
(⇒どんな理由でキャッシングをする人が多いのか?

他のキャッシング業者で借金をしているなら、今一度キャッシングをすべきかどうか考えるべきです。どうしても新たにキャッシングが必要なら、返済計画を完璧なものとするか、または「おまとめローン」を利用したキャッシングを考慮するのも一つの手です。

本当にお得なキャッシング業者?

キャッシング業者は数多くあり、それぞれのサービスには特徴があります。どうでも良いサービスも中にはありますから、利用しようとしている業者のサービスが本当にお得かどうか再考することをオススメします。

お得なサービスを提供している業者として「プロミス」がありますが、プロミスは豊富な会員サービスをラインナップしていますし、どれもが消費者の目線で考えられたサービスとなっています。そうしたお得なサービスが本当に必要なサービスと言えますし、そうしたサービスを提供している業者でキャッシングをするべきです。
(⇒プロミスの会員サービスの一部をご紹介!

キャッシングをする前に考えるべき3点を以上考慮しましたが、これは成功するためにとても大切な事です。これらをよく熟考したうえでキャッシングを始めることにしましょう。