プロミス

大阪の若手芸人に励まされてプロミスで借り入れたお金で再起を誓う

大阪府在住 G.Nさん(33歳)
私は一時期会社をやめてずっと引きこもっていた時代があります。少し前で、今でもその時の自分を思い出しますが客観的に見てすごく暗くて、希望も何も持っていなかった男でした。しかし私が今復帰して、仕事が出来るようになったのは、1人の若手芸人が言っていたことをテレビで見たからです。

その若手芸人はやっと舞台に出てくるようになったレベルなんですけれども、すごく実力があって期待されている人たちみたいです。そんな彼らもやっぱりアルバイトをしながらじゃないと生活ができないみたいでした。

そんな彼らが「諦めたらそこで終わり。いつかはお笑いで食べていけると信じているから、俺達はやっていけるんだ」というようなことを言っていて、私も「諦めたら終わりか…」と感じました。お金がない若い子たちも頑張ってるんだからと、私も少しずつ行動するようになったんです。

再就職するにしても、とりあえずはお金が必要だったので、プロミスを使ってお金を借りました。プロミス以外にも、親や親戚も貸してくれました。「将来倍にして返してくれよ」なんて言われながらも、私はみんなの優しさが嬉しかったです。最初にプロミスで借り入れたのは誰も助けてくれないと思っていたからなのです。

でも私の周りにはこれだけ支えてくれている人がいるんだからと思い直して、再起を誓うことにして再就職活動をするようになったのです。正直結構辛かったところはありますが、それでも今は職につけてすこしずつ稼げるようになっています。

大阪の芸人さんは今も活躍しているみたいですが、なかなか食べていくのは苦しい見たいです。やっぱりすぐには難しいのでしょう、私も同じです。また夢を叶えようとするなら、そんなにすぐに出来るものではないという覚悟を持って働いています。

ただ、諦めたらそこで終わってしまうということ、そして将来を信じるということを私も続けていきたいと考えています。周りのみんなにも支えられているのですから、負けずに頑張っていくつもりです。

乳がんの治療を徳島で続けられたのはプロミスの返済が緩かったため

徳島県在住 G.Yさん(48歳)
闘病生活というのはかなり長く続くものですね。私はもっと早く終わるものだと思っていましたが、数年間徳島に住み続けながらがんと戦って来ました。私は乳がんだったんですが、今は転移もなく完治することができました。ホントにお医者さんたちには感謝しています。

乳がんが見つかったのはかなり初期の段階だったんです。テレビで「あなたにはこういう症状はありませんか?」というように、婦人病に関する特集をしていたんです。特に気になるところはあまりなかったんですけれども、暇でしたし病院で人間ドックを受けました。その時に乳がん検診もしてもらったんです。

そうして初期の乳がんが見つかり、化学療法などを駆使しながら数年間薬を飲んだりして、乳がんを治したというわけです。最初にがんと言われた時はショックでしたが、先生が「初期だから大丈夫ですよ」というように励ましてくれたのは嬉しかったです。

でも徳島でこれほどまでに長く治療を続けられたのには、プロミスも影響しているんです。もしプロミスがなかったら治療を続けられることはなかったでしょう。実はプロミスでの返済は今も続いているんです。治療中は借入をして、金利支払いをしていただけだったんです。

そして返済期日がかなり長いということで、完治するまで金利のみの支払いをしていたわけです。そうしてやっと完治したので元本も支払っているのです。これほどまでに銀行だったら待ってくれないでしょうし、ホントに助かりました。

一度乳がんになってしまえば、保険などにもほとんど入れないですし、入ったとしても支払いの時にかなり渋られるでしょう。だから今はいざというときのために自分で稼いで貯金をするようにしています。元気になったのでパートに出ることもできているんですよ。

やっぱりなんでもそうですが、早めの検診が一番効果があると思います。少しでもおかしいなと思ったら検診に行ってみるべきでしょう。そして人間ドックにも1年に1回くらいは行っておいたほうがいいかもしれません。

港区に住んでからずっと使ってる家電を買い換えに、まずプロミスへ

港区在住 I.Aさん(34歳)
もう港区に住んで大体5年くらい経つでしょうか。長い間住んでいるような気もしますが、まだまだ5年程度なんですよね。月日のたつのは早いもので、今まで購入してきたものがもうダメになっているものがたくさんあります。

例えば港区に移り住んできてから服はたくさん買い換えました。さすがに2~3年着てしまえばもう使えないですからね。他にも小物はたくさん買い換えることになりましたが、そろそろ家電も使えなくなっています。ここに移り住む前から使っているものも多いので。

だいたい不思議な事に家電というのはひとつ壊れるともうひとつ、そしてもうひとつと壊れていく傾向がありますよね。なぜかはわかりませんが、洗濯機が潰れてしまうと冷蔵庫が壊れて、その後電子レンジが壊れるといった感じで。それだけ耐久性が似通っているということなんでしょうか。

いずれにせよこれだけの家電を買い換えるのは至難の業ですから、お金が足りなくなることを想定してプロミスへ行って借入をすることにしました。プロミスを使うのは港区に引っ越すときに1度使ったのですが、それ以来ということになります。

最近の家電量販店はすごいですね、家電以外も扱っているところが多いですけど、家電を扱っている量自体がすごいので、冷蔵庫や洗濯機が欲しくても「どれがいいんだろう?」と迷ってしまいます。私の家はお世辞にも広いわけじゃないので、小さめのものを選ばないと行けないのだけはわかっているのですが。

とりあえず店員さんにおすすめを聞いて、壊れた家電を引き取ってもらって買い換えることにしました。おすすめの家電は最新のものも多くて、今までにない機能がついていました。洗濯機も最新のものは乾燥機付きなのが当たり前なんですね。

プロミスへ行って借り入れていた分は幸運にも使わずじまいで終わりましたが、借入していたことであまりお金を気にせずに選ぶことができたと思います。家に今は全部揃ったんですけど、これだけ新しい家電が揃うと圧巻ですね。

パチンコでもプロミスで借りるのにカジノができたら群馬から絶対行く

群馬県在住 T.Rさん(31歳)
パチンコが唯一の楽しみと言ってもいい私ですけど、私みたいな人って結構多いですよね。まぁ結婚している人は子供とか家族に楽しみを見言い出すかもしれないですが、休日は朝からパチンコに並んで、ご飯を食うくらいしかやることがない独身者の私にとっては、唯一の娯楽です。

実際パチンコをやるのにたまにプロミスを利用したりもしています。まぁ利用用途を厳しく制限されているわけじゃないので、プロミスで借りたお金か自分の給料か気にせずに使ったりします。案外負けることが少ないので、借りた分をしっかりと返済できていると思います。

ある意味ギャンブル依存症なのかもしれないですけど、最近は東京方面にカジノを作るっていう話があるみたいじゃないですか。まぁ計画段階みたいですし、出来るとしたらそのカジノの建設がすでに始まっているんでしょう。でももし出来るなら群馬から毎日通いますよ。

それこそカジノの方がパチンコに比べて当たりは大きいですからね。海外のカジノの話を聞いていたら、数百万円数千万円、中には1億を超えるような当たりもあるというふうに聞いています。それなら群馬でチマチマパチンコをするよりも、カジノで一発当てたいと思うのは当然でしょう。

だから仕事も群馬から移って、その周りですると思います。アルバイトでもしながらプロミスで借りて、小さい価値を重ねながら様子を見ます。そして一気に大きな当たりを引く、そういうことが出来れば一気に億万長者です。夢がありますよね。

こういう夢が私みたいな一般人には必要なんですよ。彼女もいないし仕事も楽しくない、毎日楽しみにしているのは少しだけ当たりパチンコや宝くじくらい。後はただ食べて寝るくらいしかやることがない人間は日本にごまんといます。

それくらい今の日本には一般人が見れる夢が少ないんじゃないでしょうか。カジノ建設はまだまだ途上の話なんでしょうけれども、カジノができたらそれは私みたいな人間にかなりの夢を与えてくれるものだと思います。だから私は支持しますよ。

テレビCMでプロミスが有名になってから新潟で使うようになった

新潟県在住 J.Bさん(35歳)
テレビのCMというのはすごく効果が高いなと思うのは、別に企業側だけではありません。私達一般消費者側としてもテレビCMがあることで「考え方が変わったなぁ」ということはたくさんあります。その一つがプロミス等の消費者金融への考え方でしょう。

プロミスなどがたくさんCMをしてくれたおかげで、消費者金融はサラ金という怪しげな名前から変わりましたし、利用しやすくなりました。前までは「多重債務者になるから使ってはダメだ!」とか「一般の人ではなくギャンブルが好きな人とかが使うものだ」というイメージがありました。

しかし一般の人でも利用を計画的にすれば大丈夫、そして全国に支店やATMを置いているというその信用力の高さから、多くの人が利用するようになったと思います。少なくとも私がプロミスを使うようになったきっかけというのはCMだったのを覚えています。

新潟でも多く使える場所やATMが増えてきていたのに、なかなか周りの理解が変わりませんでした。親戚や親など、いろいろな人達が消費者金融は使うべきではないという様な考え方だったのです。しかし新潟でもCM放送がたくさん流れるようになって、次第に悪い会社ではないと思うようになりました。

それからはプロミスを使っていてもひどく非難されるようなことはありませんでした。ですから使いやすくなって、生活も幅が広がったような気がします。そのかわり今でも無理に借入をするようなことはないように気をつけています。

最近では総量規制などの話も出てきており、そう簡単に審査で通ったといっても、たくさんの枠を貰えるわけではなくなり、さらに使いやすくなっていると思います。そんなプロミスは新潟に住んでいても知名度も信頼も高くなっていることを感じています。

そのキッカケはやはりテレビCMだといえるでしょう。なんだかんだとインターネットのほうが優れているとか、テレビはもう終わりだとか言われていますが、まだまだテレビの信用力というのは高いと思いますよ。特に地方では。

40近くまでサッカーばっかりしていたら三重でプロミスを借りる人生に

三重県在住 H.Bさん(38歳)
もう一つの趣味に没頭してしまって、そればっかりしている人っていますよね。休日には趣味のために時間を使って、平日も趣味のために早く帰って仕事なんて適当、という人もいます。というよりも、アルバイトをしているオタクな人たちとかはみんなそうかも知れませんね。

ある意味私と同族ということになると思いますが、私も同じように趣味ばかりをしてきた人間です。仕事なんて選ばないで、自分ができることだけをしてきました。だからキャリアもなくてアルバイトや派遣社員、契約社員なんかをして来ました。

で、そのお金をすべてサッカーにつぎ込んできたんです。私の場合は今は三重にいますが、サッカーに2つのお金をつぎ込んできたんです。ひとつは自分がサッカーをし続けるために、スタジアム代やフットサル大会のお金を出しました。もう一つがサッカーの応援にお金を出したのです。

結果的に今はアルバイトをしながら、お金が足りなくなったらプロミスというような生活です。周りからは「サッカー馬鹿だな」と言われたりしますし、彼女からは「そんな状態だったら結婚できない」と言われて別れを告げられたりもしました。

それでもやめられないのは私にとって、サッカーこそが人生だからかもしれませんね。プロミスで借入をして、返済にも困るようになって、深夜のアルバイトなんかをしても、サッカーだけは必ず顔を出していました。大会も出れば練習もしました。

私の人生が良かったかどうかというと、多分あまり良くないのでしょう。一般的には「この人の人生を真似しない方がいい」と言われるような人生を40年近く生きてきたと自分でも自覚しています。それは自分でもわかっていることです。

でもプロミスで借入をしてアルバイトをしてでも、続けたいことってあるんです。私はそれが続けられないのであれば、どんなにお金が貰える仕事をしていたとしても、幸せではないんじゃないかと思うのです。なぜなら、今はすごい幸せだからなんです。

和歌山に引っ越しする際のコストはプロミスの借入を使うのは予想外だ

和歌山県在住 Y.Aさん(32歳)
もう何度目の引越しになるでしょうか。独り身だからって動きやすいのはわかりますけれども、こう何度も引越しをしないといけないのはすごく負担になるんですよね。プライベートな時間も潰されてしまいますし、会社の都合だけで引越しを繰り返すのは辛いです。

とりあえずは和歌山に引っ越すことになり、結果的に会社からの命令に逆らえないのはサラリーマンの悲しい習性ですね。とりあえずはまずは和歌山への引越し、ということで関東から引越しできる業者選びからスタートでした。住む場所は会社が刈りあげてくれているマンションです。

ただ私の中で誤算だったのがあまり現金がなかったということと、荷物が多すぎたということなんです。プロミスを使って借り入れるなんていうのは想定外でした。まぁとりあえずプロミスで借り入れた分も会社には請求しますが、金利までは払ってくれないでしょうね。

しかしこれは私のミスも合ったんですよね。最近は単身の私みたいな人たちが引越しをするためのプランがあるんです。ある一定の荷物の量であれば、その単身引越しプランで積み込んで、安い値段で運んでくれるというものでした。

私はそれを見つけて「これ使えるな」と思ったので、使ったんです。全国区の引越し業者でしたし、十分質も担保されていると思ったんです。自分は一人暮らしだしこれで十分だろうと思ったんですが、どうやらアテは外れてしまいました。

どうも私の荷物は多すぎたようで「これ、入らないですね」と言われてしまったんです。しかもちょっと入らない程度ならいいんですけども、全然入らなくて、荷物2つ分くらいになってしまったんです。本棚とかが大きかったですね。

結局単身プランで引っ越すことはできなかったので2倍以上の値段を払うことになりました。しかも遠いところだということもあって、結構到着も遅くなりましたしね。だからプロミスを使うことになったんですけど、荷物の量なんてわからないですよねぇ…

出家体験を佐賀から行ってきたがプロミスで借入した甲斐があった

佐賀県在住 I.Rさん(37歳)
お寺に入ることを出家といいますが、あれほど周りから隔絶されたところはありませんよね。昔は出家することでお寺に入って、それで世間と縁を切った人も多いようです。そして仕事がなかったりして生活できない人も、そうやってお寺に入ったりしたと聞きます。

出家というのを私はさすがにできませんが、お寺の中にはこういう出家をした時の体験、つまりお寺の修行体験ができるところが幾つかあります。私はその内の一つのお寺に行って2週間の体験をしてきました。2週間というと長いですが、会社の研修などで受け入れをしていたりするそうです。

そんなお寺での体験ですが、ただではありません。無料でやっていてはお寺も食べていけないので、お金を払わないといけないのですが、それはプロミスの借入を使いました。結構高かったということ、そしてちょうどお金がなかったことから、プロミスを使ったのです。

プロミスは前から使っていたので心配はしていませんでした。そして2週間の出家体験をして思ったのは「借入をしてでもやってよかったな」ということです。特に修行で瞑想などをしている時は、すべてのことを忘れ去ることができます。

おかげで嫌だったことなども「大したことないな」と帰ってきてから思うようになれました。佐賀で働いている時は嫌なことも多かったっですが、それらも全て受け入れられる様になったのです。悟りを開いたとはいえないでしょうが、かなり考え方が変わりました。

お寺に行ってからというもの悩むようなことも無くなりました。「自分にとってはやるべきことはこれだ」ということがはっきりと分かりましたし、すべての悩み事は小さな事だというように捉えられるように意識が変わったのです。

プロミスの返済も無事終わりましたが、なんだか体も頭も心もすっきりしたような感じです。生まれ変わったような感じというのはこういう感じかもしれません。また悩みが出たりしたら、もう一度行ってみたいと思います。

ペット可の品川区の物件に住んでプロミスを使うときもある節約生活

品川区在住 N.Iさん(33歳)
一人暮らしが長くなってくると寂しくなってきて彼氏が欲しい!ってなってきます。私も彼氏が欲しいなぁと長い間思っていて、一緒に住めたらいいなと思っていましたが、結果的に住むことができずにいます。というよりもそこまで本気になれる彼氏ができずにいるのです。

そして今はひとり暮らしで品川区に引っ越しました。品川区ではペット可の物件に住んで、とうとうペットを買ってしまいました。小型犬ですけどもこれがすごいカワイイんです。私の帰りをいつも待ってくれるんですよ。帰ってきたら玄関まで来てくれます。

ただこういうことを友人に話すと「とうとうペット買っちゃったんだね…」と言われます。これは友人の言うこともよく分かるんですよね。だってペットを買ってしまうと結婚できないってよく言われますから。ひとり暮らしの女性は寂しさのあまりペットを飼う人が多いんですけど、そういう人ほど結婚から遠ざかるって言われています。

私もわかっていたんです。でもさすがにこの子だけは私の中では特別なんです。プロミスで借入をしてまでペットショップで購入したんですから。プロミスなんて初めて使ったんですけど、それほどまでして一目惚れしてしまったんです。

それにこの品川区のマンションはペット可ということで、ペットを買っている人が結構たくさんいて、一緒に仲良くなって散歩に行ったりしてるんです。だからペットがきっかけになって友達を増やすことにも成功しているんですから、彼氏だって出来るかもしれません。

淡い期待かもしれませんが、プロミスを使ってまで購入したこのペットがきっかけになって彼氏ができるかもしれません。この子がカワイイから散歩の時とかに「カワイイですね、何歳ですか?」みたいな話から仲良くなっていくかもしれません。

そういう少しの希望もありますから、必ずしもペットを購入したら結婚できないってこともないと信じたいです。でもこの子に癒されていて、別に彼氏はいらないかも…と思ってしまう私がいるのもまた、現実なんですけれども。

ロレックスはプロミスの借入で購入したが板橋区の家賃1年分くらいだ

板橋区在住 H.Kさん(29歳)
私の住んでいる家はすごい古いんです。一応シャワーもトイレもありますけれども、築年数が20年以上経っているのでボロボロです。管理人さんがしっかりと掃除をしてくれているのでキレイに保てていますが、地震が来たら多分ダメでしょうね。

そんな家に長く住んでいるんですけど、やっぱり家賃が安いっていうのは嬉しいんですよね。そりゃあ私だっていい家に住みたいですけど、そんなに稼ぎも無いですから引越しなんてできないのです。板橋区に住んでいるのも、平均的に家賃が安いっていうのが大きいですね。

でも安い家賃を払っていつまでも我慢して住めるほど、人間というのはできていないと思います。いつまでも節約をしながらお金をケチケチさせて過ごすなんてことをしていたら、きっと精神的我慢できなくなってどこかでおかしくなってしまうでしょう。

だから何かの目標とか何かの気晴らしとかが必要になるんですけど、私はロレックスを買うということで一気にスッと気持ちが楽になりました。と同時にプロミスの借入を使って購入したので、結構借金を背負ってしまったので、緊張感はありますけどね。

実はこのロレックス正規のルートで購入するために、かなりいろんな所に掛け合いました。今では安くで量販店で購入することも出来るロレックスなどのブランドですけど、それってあまりにも怖くないですか?ただでさえ偽物がたくさん出回っているんですから。

だから偽物ではないということがわかるような、そんな完璧なものを購入しようと正規のルートで購入しました。当然ちょっと割高かもしれませんが、それでも満足しています。プロミスの借入を使って購入しただけあって、家賃の1年分くらいします(笑)

ですから困ったときはこのロレックスを売ればなんとか生活できるでしょう。後は問題は返済をどうするかですね。ちょっとアルバイトの量を増やして収入を増やしていくしかないかもしれませんね。それでも買ってよかったと思っている自分がここにいるんですが。