プロミス

スマートフォンは北海道のお店でプロミスを使って一括購入するのが吉

北海道在住 G.Oさん(31歳)
今や当たり前になっているスマートフォン、どんどん新しいものが出てきて、「どれがいいの?」っていう状態だと思います。普通の人にとってはあんなに種類があるのに、自分にとって一番いい物を選べるとは到底思えません。

でもせっかくなのでこれだけの種類の中から、誰かに選んでもらって「これがいいですよ」と言われるよりも、自分で一番にあったものを購入したいものです。そういう時には絶対にプロミスを使うという方法がお得だ、ということです。

お金に余裕がある人はプロミスを使う必要はありませんが、私などは一般の給料くらいしかもらえていないですし、北海道ということもあって、物価から比べるとなかなか高い買い物になってしまうのです。だからプロミスで借入をして、購入しました。

スマートフォンをプロミスで借り入れてから一括で購入することにどういう意味があるのか?ということですが、これは2つ意味があります。ひとつはキャリアに縛られないで購入できることです。つまりAというキャリアには発売しているものが、Bというキャリアでは発売していなかったりします。

本当に欲しい物を購入するときに、わざわざキャリアを移らないといけないのです。しかしキャリアを移らなくても購入できるのが、この一括での購入方式です。

そしてもう一つが購入した後に使えなかった機能が使えるようになったりすることがある、ということです。日本のスマートフォンは要らない機能が沢山ついていたりするのですが、それらを外したりすることができます。また必要な機能を制限していたりしますが、それも外すことができます。

私が購入したのは北海道の電器店でしたが、どこでも今は家電量販店がたくさんありますから、そこで購入することができます。またインターネット通販でも一括購入することは可能です。

私の方法はまだまだ日本でもマイナーかもしれませんが、プロミスを使えば十分誰でもできる方法です。今の携帯電話に満足していない人はやって見る価値があるのではないかと思います。

妊娠した時に宮城の病院で無事出産し費用はすべてプロミスで借りた

宮城県在住 I.Sさん(26歳)
少子化が叫ばれているみたいですけれども、私たち夫婦にも待望の第一子が生まれました。カワイイ名前をつけようと色々と考え中ですが、出産については幾つものハードルがあったなと今になって思います。しかし無事に出産することができたのは、地元宮城の病院で働く皆さんのおかげでもあります。

出産が増えないとそもそも子供は増えません。その前に結婚する人が増えないと子供が増えないわけですが、私達の周りにはかなり結婚する人は少なくなっています。結婚は若い人達にはハードルが高く、結婚資金が貯められない人がたくさんいるのです。

私達は幸い披露宴はせずだったので、お金はかかりませんでした。でもお金に関してはまだ心配事があったのです。それが出産でした。出産の費用は実はプロミスで借入をしたものを当てています。それだけ私達二人はギリギリの生活をしてきたのです。

出産についての費用は驚くほどかかるものです。最初に請求書を見た時は「これ、どうしよう…」と二人で悩んだくらいです。プロミスで借入をしてまで払う私たちは珍しいらしく、若い人達の中にはそのまま雲隠れしてしまって全く支払わなくなる人もたくさんいるということでした。

宮城の病院でもそういった出産費用が未回収になっている病院が多いらしいです。こんな状況では十分に出産をすることができません。私達は生んだ後に気づきましたが、もし頭が良くてこういう情報を知っていたら、生むことはなかったかもしれません。

プロミスで支払いを終えてからというもの、私達の家に帰ってくるとやっぱり出産してよかったなという気持ちになってきます。家族が増えて私達の責任が増えたかもしれませんが、なんだか心地良い責任感のような気がします。

夫は今以上に頑張って働くと気合が入っているようです。日本という国が少子化で困っているということとは別に、やっぱり産んでよかったなという気持ちになるのは、母親として当然なのかもしれません。

遠くの駅までプロミスの借入を使い福井から旅に出て写真を撮った

福井県在住 H.Uさん(39歳)
鉄道オタクというのは最近になってかなり知名度が上がっているようなきがするのは私だけでしょうか。鉄道のことを愛して、SLであるとか寝台列車であるとか、自分の好きな分野があるようで、その分野に特化して好きになっているようですね。

私も実は鉄道オタクの一人なんですけれども、鉄道オタクの中でも駅が大好きで駅の写真をたくさんとったり、いろんな駅にいったりしています。駅好きの鉄道オタクっていうのは案外少なくて、やっぱり写真をとったり、乗ったりする人が一番多いみたいで、なかなかこの話はわかってもらえないです。

でも一般人の方々のほうが、こういう駅の魅力っていうのはわかってもらえるみたいですね。私は一度1ヶ月ほどかけて福井から出発し、日本全国の言ってみたかった駅というのに行ったことがあります。やっぱり一度は行ってみたい駅というのがありますから。

当然それなりにお金がかかりますし、1ヶ月間働かないのでお金が必要でしたから、貯金と足りない部分をプロミスでまかないました。プロミスは便利ですね、日本中どこへ行っても使えるのですごく重宝しました。ただ、田舎過ぎるとそもそもATMがなかったりしましたが。

特にこの田舎っていうのがでも良かったですね。田舎の方には1日に数本しか電車が来ない無人駅というのもありますし、辺鄙なところに駅を作ったようなものもあるんです。そういうところに行くと、昔の人達はどういう考えをしていたんだろう?と考えて面白いんです。

また景色が最高の駅なんていうのもあります。海が目の前に見えるので、そこから電車で出発してからも海がずっと見えていたりしますし、川のそばを走るようなものもあります。そのあたりの駅は小さくてレアな駅が多いような気がします。

こういう話は一般の人にすると「行ってみたいな~」といってくれるので、結構受けが良いです。おそらく鉄道オタクの人たちに比べてかなり私の趣味っていうのは受け入れられやすいみたいですね。その点は嬉しいです。

部下にいい格好をするため岡山でプロミスを使った回数は数しれない

岡山県在住 G.Yさん(42歳)
中小企業だとしてもやっぱり若い子の前ではいい格好をしたいっていうのが男じゃないですか?いつの時代も何歳になっても、そういういい格好をしたいものですよ。私の上司や取引先だって若い子の前ではいい格好をしていますからね。もう60歳を超えているような方も一緒です。

私だっていい格好をしたいですよ。よく芸能人の人たちの話であるじゃないですか。偶然お店に行ったらそこに先輩芸能人がいて、挨拶をした後輩芸能人は別の席にいたんですけど、そこでの会計は全部先輩が払ってくれたっていうエピソードが。

あれってすごくカッコいいですよね。ああ言うことしたいなぁって思いますが、なかなかそういうことができないんですよね。偶然にも街で会うことなんてほぼないですから。だから一緒に飲みに行った時にバーっとおごってあげるのだけはするようにしているんです。

一応中小企業でも上司ですからおごってあげますよ。ただ働いている会社の給料が安いために、給料だけでおごってあげれない時もあるんですよね。5人とか若い子を連れてきたら飲むし食べるから、結局プロミスに行って現金を下ろしてきたりするんですよ。

カードが使えるところならいいですけど、たまにカードを使ったら5%高くとられたりするところがあるじゃないですか?そういうところは現金が一番なんで、やっぱりプロミスに走ってお金を用意してきます。「トイレ行ってくる」とか言いながら(笑)

前に聞いた話なんですけど、岡山にもせこい上司がいるみたいで、支払いの時になったら居眠りするんですって。当然寝ているふりなんですけども、酔っ払って起きないみたいな感じを演出するみたいです。で、支払いが終わったら起きると…

これ東京の人だけだと思ったら、岡山にもこういう人がいるって上司が言っていました。上司も実は私と同じでいい格好をしたいタイプなので、こういう男の行動はよくわからないと言っていましたが同感です。やっぱり上司先輩ならカッコつけないとダメですよね。

お金は大分のような地方でいても必要でプロミスを借りてでも必要だ

大分県在住 U.Nさん(33歳)
よくテレビや雑誌、マンガなどでもありますが「お金よりも大切な物がある」という話、これはすごく美談のように語られますね。だいたいそういう時にはお金よりも友情が大事だったり、お金よりも愛情が大事だったりという話になります。

正直こういう話しはもう食傷気味だと思うんですよね。それに今の時代お金よりも大事だっていうなら、なんでこんなに日本の人たちは停滞しているんでしょうか。大分は地方ですけど、大分だけじゃなくて日本の地方はみんなすごく衰退しています。

これで「お金じゃなくて他のものが大事」なんて絶対に言えません。私からしたらお金がないと、どうやったって幸せになれないと思います。私も仕事をしてお金を稼いで、そしてプロミスなどで借入をするようになって初めてお金のありがたみを知りました。

例えば友達が困っているとした場合、それはお金を使ったら解決できるようなことも多いです。手術代に困っているとか、進学できないとか転職したいとかそういうこともあるでしょう。たいていお金があれば解決できることです。いくら友情が強くてもそれだけでは解決できないことはいくらでもあります。

他にもまだあります。たいてい男女が一緒に過ごすようになって揉めるのはお金のことです。お金を稼いでいるのは俺だ、だから家事をして当たり前だとお金のことで揉めるのです。他にも教育費や住宅ローンなどで揉めることもあるでしょう。それらは愛情では乗り越えられないものです。

そういう現実は幾つも見てきました。きっとそういう現実を目の前にしたことがない人たちが「お金よりも大事だっていうものがある」というふうに言うのでしょう。でも現実はお金があってこそ、幸せになれるというのが現状じゃないでしょうか。

プロミスで借入をする時、不安なはありますが借り入れて口座残高が増えたり、手に数万円を持っているだけで安心するのはなんでしょうか。お金があると安心も手に入るんじゃないかな、最近はそうも思います。

逮捕された後世田谷区に移って助けてくれたのは親戚とプロミスだった

世田谷区在住 S.Hさん(40歳)
もうあの時から5年がたつのかと思うと感慨深いですね。あの時は「人生終わったな」と思いましたけれども、案外捨てる神あれば拾う神ありというのは本当のようですね。助けてくれた人たちには頭が上がりません。本当に心から感謝しています。

実はもう終わったことなので話をしますけれども、痴漢冤罪で捕まってしまったことがあるんです。冤罪でしたから結局相手も被害届を出さずに雲隠れしてしまったようですが。私が犯人じゃないというのはあとで冷静になってわかったみたいで、その後釈放されました。

ただ、そのかわり逮捕されている間は連絡もできずに会社をクビになってしまいました。あとで上司にはお酒をおごってもらい「かばいきれなくて済まなかった」とまで言われましたが、仕方ないことです。こういうことになるのは覚悟していましたから。

その後釈放されてからは仕事もなくなってしまって、今の社宅から出ていくことになりました。そこで偶然私を助けてくれたのが世田谷区の親戚だったんです。「部屋がひとつ空いてるから使えばいい」と言って、私を2年ほど住まわせてくれたのです。それに食事も食べさせてくれました。

私は感謝しながらも再起する必要があったので、とりあえずは生活費としてプロミスに行きました。プロミスでの借入を利用して、宿泊費として親戚にはお金を渡していましたが「これは働き始めた時にもらうよ」と言われて受け取ってもらえなかったのです。ありがたいことですけどね。

1年ほど必死になって仕事を探しました。上司も仕事を紹介してくれたりして協力してくれたんで、逮捕経験がある中でも比較的早く決まったほうじゃないかと思います。今はそこで毎日仕事をしていますし、世田谷区の親戚の家は出ることができています。

ホントに親戚と上司、そしてプロミスには助けられました。一つでもかけていたらきっともう一度就職活動をすることすら出来なかったと思います。人生何が起こるかわからないですけれども諦めたら終わりですね。諦めなかったらいいことが起きます。

主夫になって初めてプロミスを借りてわかったという葛飾区の男性

葛飾区在住 S.Yさん(26歳)
今はもう珍しくなんでしょうか?私の周りには今のところいないんで、公園では結構浮いた存在に外から見たら見えてしまうかもしれませんね。それとも人妻の人たちに囲まれてもてもての男に見えてしまうでしょうか。実は私は主夫をしている男なんです。

主夫をしているので私が子育てもしているんですけど、母親は仕事に言っています。葛飾区に住んで3年、私たちは仕事を続けながら結婚をして子供を授かったんですが、その後に子育てを私がすることになったのです。理由は2つあります。

一つが私がフリーで仕事をしていたからです。だから仕事を辞めるということに対して、あまり迷惑がかからないということがありました。少なくとも会社を辞めるよりも一時休業しやすかったのは間違い無いと思います。

もう一つが妻のほうが給料が多かったことです。葛飾区で過ごすのは生活費がかかるので、私だけの給料ではきつかったですが妻のほうが稼いでいたので、妻にメインで働いてもらうことにしたのです。足りない分はプロミスを使えばいいでしょう。

しかしプロミスを使うようになって思ったんですけど、専業主婦をしている人は大変ですね。最近は総量規制などで簡単に働いていない人は借りることができなくなっています。私も主夫をしてからプロミスでの借入は妻の承諾が必要になりました。

これって結構面倒くさいですよね。急に必要なお金ってあるはずなのに、それができないのは辛いところがあります。今のところまだ小さいから大丈夫ですが小学生くらいになったら、急な出費は絶対に増えるはずです。その時にプロミスは主夫だと使いにくいでしょう。

おそらく小学生くらいになったら私の手からも子供は離れていくと思うので、仕事が出来るようにはなると思いますから、その収入の範囲内で借り入れできるようになればいいかなと思っています。私はこういうことができますが、一般の専業主婦の人は辛いですね。

なんとなく専業主婦の辛さっていうのが自分で主夫をするようになってから少しずつわかってきたような気がします。

レアなジーンズが新宿区にあったのでプロミスへダッシュして購入!

新宿区在住 K.Sさん(30歳)
さすがに新宿区はいろんなモノがあります。日本で一番物が集まるところと言っていいいんじゃないですか?ないものが無いですよね、ものだって食べ物だって、人だってたくさんいます。ここで集まらないものはきっと他に行っても集まらないでしょう。

新宿区は繁華街も多いですが、私みたいに住んでいる人も多いです。韓国人もたくさん住んでいるところがありますからね。で、私がぶらぶらしてお店を回ってみていた時のことでした。特に何を買うとかそういうことは考えていなかったんですが、ふと一つの店の前で止まりました。

私、こう見えても結構ファッションにはうるさくて、特にレア物のジーンズが大好きで、よくレアなジーンズを買ったりしているんです。で、レアなジーンズって結構高いし、かつ売っているところが少ないんです。価値の分からない人が普通の古着として売ってたりしますしね。

そんなことがよくあったのですが、この店のジーンズもまさに安くで売られていました。10万円を超える値段でしたが、もっとしてもおかしくありません。おそらくオークションに出ればその2倍3倍の値段になってしまうくらいの価値がある、そういうものです。

私はすぐにプロミスで借入をして、その金で買うことにしました。プロミスで借入ができてなんとか買うことができました。たまたま手持ちがあまりなかったので、こういう時にほんとに役立つのがプロミスですね。急な出費に強いのがありがたいです。

そして家に帰って一度だけ履いてみましたが、さすがに年代物のジーンズはピッタリと吸いつくような素晴らしい履き心地でした。これ以上は身につけられないので、大事にしまっておくことにして、今は引き出しの奥の方に入っています。

こうやってよくレアなジーンズやいい古着なんかを買うことが多いんですけど、こういうことをしているから新宿が住みやすいんですよね。他のところだとわざわざ出かけて来なければダメですが、ここならすぐに買い物にいけるのが最高なんです。

イベント会場に近い埼玉はプロミスで借りても行きたいイベントが多い

埼玉県在住 N.Eさん(25歳)
埼玉からわざわざ東京に通って仕事をしている人は私以外にもたくさんいます。むしろ東京に住んでいる人のほうが少なかったりしますし、中心市街地にはあまり人は住んでないですよね。埼玉は首都圏ですぐにいろんな所へアクセスできるから最高ですよ。

特にイベント会場が多いのが最高ですね。毎週末何かをイベント会場でやっているので、いろんなイベント情報を見ているだけでも楽しいです。「今週はこれに行くか」とか「来週はこんなのがやってるから、あいつを誘って行ってみるか」とか、いろんなイベント会場の情報を見れます。

例えばさいたまスーパーアリーナというところがありますが、これも近いです。すぐに行けますし格闘技のイベントが沢山あります。最近だったらアイドルのイベントも多いみたいで、一度行ったことがありますが格闘技ファンと同じくらいの熱気を感じたことがあります。

こういうイベントに足繁く通うようになってから、私はお金が足りないことに気づきました。ああいう大きなイベント会場に近いのはありがたいのですが、意外にもイベントのお金というのはかかるもので、料金をプロミスで借りることもありました。

小口で借りるので1万とか2万程度なんですけども、あまりにもそれがかさみ過ぎると一気に利息が上がるので、できるだけ計画的にそれらの返済を早めに行うようにはしていますけどね。とは言え生活費も高いし給料もそこまで多くないから、苦労はしてますが。

プロミス以外も考えましたけど、あんまり多くのところから借りていたらクビが回らなくなるので、今はプロミスだけにしています。まぁ埼玉に来てから気づいたことではありますが、こういう都会ってなんでも揃っているんですよね。

なんでも揃っているし、なんでもイベントがあって暇になることはないんですけど、お金があってこそなんですよ。お金がなかったらそれらも楽しむことができないです。まぁ良くも悪くもわかりやすいですね、もっと私が稼いでイベントにいけるようにすればいいだけですから。

青森には大企業はほとんどないためプロミスが生活を支えている

青森県在住 D.Kさん(40歳)
青森県といえば、みなさんはどういうことを思いつきますか?多分、りんごだとか冬の寒さ、吹雪なんて言うのを思いつくんじゃないでしょうか。後は青函トンネルなんていうのもありますね、青森だけのものじゃないですけども。

それでも青森はあんまり有名ではないですし、有名な大企業なども少ないです。産業が少ないために、青森では高齢化も進んでいて、地方としては非常に厳しい状況にあるといえるでしょう。これは青森だけじゃないのですが、日本のどこでも地方ならば見られることです。

都会の企業では良いスタッフを揃えるために、IT企業等が中心になって福利厚生をすごく高くしているみたいですね。例えば社員食堂は全部ただで使えるというところもありました。また、遊びがたくさんできるようなレクリエーションルームや昼寝ができるような会社もあると聞きました。

そういった会社にいると、やはり生活費などの面でかなり優遇されるんだろうなと思います。当然都会は生活費がかかりますが、それでも昼食をただにするとなったり、福利厚生が手厚いと結果的にかなりの差が出てきます。

だからかもしれませんが私はここに長く住んでいて、なかなか給料も上がらずに、生活費もそんなにかからないかもしれないのですが、プロミスを使うこともあるのです。プロミスを使わないと危ない、という時も何度かありました。人生急にお金が必要になることも多いですからね。

おそらく私が勤めている会社の福利厚生が低いこともあって、生活費が余計に色々とかかるのでしょう。だからプロミスが必要ということもあるのだと思います。しかしそれでもまだマシな方で、国民年金に切り替えられている人も、ある会社ではいるそうです。

都会の人達には考えられないかもしれませんが、青森という街ではこういったプロミスの生活費が必要になる時というのが多いのです。駅前を見てもらえれば、どれだけその町に根付いていているかというのもわかるので、ぜひ見に来てもらいたいものです。