プロミス

元ヤンの友人が沖縄を出てプロミスなどを使い苦労していたらしい

沖縄県在住 J.Iさん(33歳)
久しぶりに沖縄に返ってくる友人がいるので、一緒に飲みに行く事になりました。私と友人は高校時代からの仲間でよく悪いことをしました。といっても犯罪になるようなことはなくて、警察官ともかなり仲良かったと思います。通報されるたびに「またお前らか」とよく言われました。

そんな友人と悪さをした元ヤンの僕たちはそれぞれ別の道を進みました。僕は沖縄をでないでそのまま仕事を探して、今は飲食店で働いています。友人は「でっかい夢をつかむんだ!」と言って、沖縄を出て大阪や東京などを転々としていたようです。

そして彼はついに自分の店を持つまでになったといいます。「ここまで来るのにほんとに苦労した」という彼の話を聞いていると、のほほんと暮らしていた自分との違いがすごく際立ちます。まぁ私は今のところで働いているのもかなりマイペースです。

しかし彼は地元を離れてからは夜に働いたり、いくつものアルバイトを掛け持ちしたりしていたそうです。そしてお金をためたというのに騙されて持ち逃げされたりしたこともあったと言っていました。そして一番苦しかった時にはプロミスも使っていたということです。

「ホントに仕事と仕事の間に穴が開いて、給料が入ってこない間が何度か合ったんだけど、そのたびにプロミスを使って何とかしのいできたよ。そのおかげで食べるのには苦労しなかったし、健康面もなんとか病気をせずに済んだかな。」

彼はそういった苦労を重ねて、ついにためたお金で自分の店をオープンしたのです。沖縄料理の店で今までいろんなところで修行してきたその腕を厨房の中でふるっているそうです。近々新しいお店もオープンしたいと言っていました。

ホント頑張っている人はかっこいいですよね。私は最初からそういうふうになれないと諦めてしまいましたが、友人は夢に向かって努力し続けました。苦労もあったみたいですが、ホントに今は楽しそうに笑っています。彼を見ていると、私の方も元気になれます。

いい友だちを持ったと思います。

札幌から海外に行って思ったのはプロミスがあることの重要性だった

札幌市在住 R.Tさん(34歳)
海外に1ヶ月、留学と同時に仕事も一緒にしに行った時のことでした。私はアルバイトなどをしてお金を少し稼いだりもしましたが、どうしても足りない場合はプロミスを使って借入をしていました。でもこれは日本でのことで、海外ではATMを使ってプロミスの借入をすることができませんでした。

結果的に海外にいながら、みんなと一緒に行動ができないことも多かったのです。「今日は遊びに行くけど、来るでしょ?」とみんなから言われても「ごめんお金が無いから行けないんだ」と断らざるをえなかったのです。本当であればもっと深まった仲も、なんとなく浮いた感じにはなってしまいました。

そして日本に帰ってきてから思ったのが、私のようにあまり稼ぎが多くないのに札幌の繁華街でみんなと遊んだりして、しっかりとコミュニケーションを取っていけるようにするには、プロミスなどの仕組みがあることが必要なんだということです。

当然借入は計画的にしなければなりませんが、急な合コンや遊び、同窓会の予定などが入ってしまったとき、プロミスで借入をしてみんなと行動を共にする場合と、プロミスで借入をしないで家に帰った場合では、仲の深まり方が全然違います。

それは海外で感じたことと同じでした。海外でみんなとともに行動を一緒にできなかった、そのことから帰国後はできるだけ友達と行動を共にすることが大事だ、そのためにはプロミスを使ってでも行動をするべきだというふうに考えています。

私が留学したのは今よりもいい会社で働いて、いい給料をもらうためです。少しでも海外経験をしていたり英語を使えるということが、今の時代は重要視されるのです。だから今はプロミスで何とか借入をして、まかなっているお金を、今度の職業でいい職についてまかなえるようにしたいのです。

私にとってはかなり発見が多かった留学になりました。海外の友だちもできましたし、そのつながりは一生の財産になると思います。今度会う時は、以前にお金がなくて行けなかった遊びをみんなでやりたいですね。

一目ぼれした犬を飼うため秋田のペットショップとプロミスを往復した

秋田県在住 O.Iさん(32歳)
一人暮らしが長くて寂しかったんですけれども、久しぶりに彼女ができてしかも二人で住む様になりました。同棲は始めてですが悪くはないです。そして彼女が来てから一緒に見にいった秋田のとあるペットショップで、また家族が増えることになったんです。

それは子犬でした。ヨークシャテリアという犬種なんですけれども、見た目が凄く可愛くて、私も彼女も見て回っているときに「すごいかわいい!」といって一目惚れしてしまいました。スタッフの人がドアを開けて抱っこさせてくれたんですが、ますます可愛いなと思うようになったんです。

でもこの犬は結構人気みたいで「すぐに売れてしまうかも知れません」と言われたので、私達は少し考えてプロミスのATMに向かうことにしました。本当であればクレジットカードのほうがいいのかもしれませんが、枠が余っていなかったのです。ですからプロミスを久しぶりに使うことにしました。

私がプロミスのATMに向かっている間、彼女にはずっとその犬が売れないように監視してもらうことにしました。小一時間してから私が帰ってきて、ようやくその犬を購入することができました。ペットショップはあまり行ったことがないのですが、今は犬もすごい値段が高いんですね。

それから家でもう一匹の家族と一緒に遊んだりしているのですが、ホントに可愛くて癒されます。犬っていうのはどうしてあんなに可愛い仕草をしたり、可愛い動きをしたりするんでしょうか?私達の笑顔は更に増えたような気がします。

秋田で一人暮らしをしていた時、私は結構笑顔が少なかったんです。家に帰ってきてもテレビを付けてぼーっとしながら、ビールを飲むか弁当を食べるくらいしか楽しいことがなかったからかもしれません。

でも二人で暮らすようになり、そしてプロミスで借入をして購入したこの子犬のお陰で、なんだか楽しい人生を送れるようになったと思っています。今が私の人生の中で、もっとも楽しい時期かもしれません。仕事場でも「楽しそうだな」と言われることが増えましたから。

整形して顔相が変わりプロミスでの返済も広島の男に出してもらえた

広島県在住 O.Kさん(33歳)
昔飲み会の帰りに占いをしてもらったことがあるんです。道でよく占いをしている人がいるじゃないですか。多分有名な人なんでしょうね、結構並んでいるところを何度か見たことがあるんで。せっかくだからということで一度占って見ることにしたんです。

友人なんてすごいいいことをたくさん言ってもらっているのに私なんて「顔相が悪い」って言われてしまったんです。確かに顔で損をしてきたことはたくさんありますから間違ってはいないのですが…それでもはっきり言い過ぎだろ!と思ってムカっとしていました。

翌日考えてみたらたしかにそうだなと思って、私の顔相を変えるために整形手術をすることにしたんです。前々から二重にしたり鼻を高くしたいというのはあったので、これは何かのキッカケだと思い、思い切って近くの整形外科に行く事にしました。

どうやら顔相というのもそれで変わるようですから、これでいいことが起きればいいなぁというのは思っていました。プチ整形ですから友達にも話をしましたが、プチと言っても値段はそれなりにするので結果的にプロミスを使うことになりましたが。

顔相が変わってから3ヶ月くらいしてからのことです。ある広島出身の男の子が私に猛烈にアピールしてきたのです。こんなにアタックされるのは始めてだったので戸惑っていたんですけど、彼と一緒に食事を何度かしたことがありました。

その時に「プロミスに借入がある」ということを言ってしまったんです。そうしたらその彼「いくら借りてるの?払うよ」と言って肩代わりまでしてくれたんです。さすがにそれは悪いと思ったんですが、彼は無理やり私にお金を渡してきました。

もしかしたらモテモテの女の子からしたら、こういうことは当たり前なのかもしれませんが、私にしたら初めてのことだったのでかなり戸惑いましたが、ラッキーでした。プロミスの返済も簡単に済んだし、もしかしたら広島出身の彼と出会うのは、顔相を変えたのが良かったのかも…なんて思っています。

宮崎の中古車屋で掘り出し品が出てプロミスに走って購入した!

宮崎県在住 S.Sさん(35歳)
友達の一人に中古車のディーラーをしている人がいるのですが、その人が「今度掘り出し物が入るよ」と言っていたのです。どうやらオークションでかなりいい品が入るみたいなんですけども、それを早く手に入れたいんだったら言ってくれということでした。

レアでかっこいい車だというのは聞いていたし、車種なども聞いて調べてみましたがかなり良い感じです。とはいえさすがにすぐに買えるだけの値段ではないので、少し待ってもらいました。自動車が入ってくる当日に連絡を入れるということで約束したのです。

後日考えに考えたんですけど、ちょっと結論が出なかったので実物を見てからということになったんです。そして実物が来たので見ていたら友人から「これ、ヘタしたら今日や明日には売れてしまうよ。宮崎以外の人もインターネットとかから注文できるからね。こんなレア物多分すぐに売れちゃうから早く決めたほうがいいよ。」と言われました。

今や中古車の業界は完全にインターネットでつながっているそうです。中古車オークションも日本全国で出てくる中古車を購入して展示しておくのですが、売れるのが宮崎の友人の店とは限らないそうです。そして売却してマージンを渡したりすることもあると言っていました。

それならと思ってプロミスにダッシュをしました。元々貯金もあったのでATMにもダッシュして、両方あわせてかなりの額を現金で下ろしてきました。「これで!」と私は即決でその中古車を購入することにしました。プロミスを使って買うかどうかは迷っていましたが、友人の一言に押されました。

結果的に今はこの車のプロミスでの返済もしながら乗っているんですけど、かなり乗り心地もいいし周りからの注目度も高くていいですね。女の子を乗せたら「なにこれカワイイ~!」って絶対に行ってもらえるし、モテる車だと思いますよ。

さすがにプロがレア物っていうだけあって、ホントにいいものだと思います。中古車なのに傷も少ないし最高です。やっぱり持つべきものは友達ですね。

不妊治療のお金はプロミスで用意した鹿児島の夫婦は治療をやめた

鹿児島県在住 Y.Dさん(38歳)
不妊治療をしている、なんていうことはなかなか知り合いにも伝えることができません。不妊治療をしているなんて普通はよっぽど仲がいい人にしか言えませんし、親にも言えないという人もいるみたいです。だから「子供はまだなの?」と言われた時には「こればかりは授かりものだからな~」というように返すしかないです。

私たち夫婦は不妊症だったために、不妊治療を始めました。あまり鹿児島ではこういったことをしている夫婦はいないかもしれませんが、私たちは子供が欲しかったので、不妊症を治して子供を授かりたいと思っていたんです。

でももう終わりです。私も妻もずっと話し合って決めた結論なんですが、治療を中断することにしました。そして後は運に任せて子供が授かれたらそれで良いし、授かれなくても仕方ないというような結論を下すことになったのです。

「なぜ?」と思う人もいるかも知れませんが、これには大きな理由が2つあります。ひとつは精神的な問題です。ずっと治療を続けながら子供ができないことに対するプレッシャーで妻が体調が悪くなってしまったのです。これ以上続けたら妻の精神がおかしくなってしまうでしょう。

もう一つがお金の問題です。プロミスの借入も使いながら不妊治療をやってきました。プロミスの借入を使うほど高い不妊治療で、なかなか一般の家庭が長く治療を続けられるものではないのです。しかも確率が高くなる治療ほど高額になります。

元々プロミスの借入枠の中でなんとか出来るだろうという甘い期待があったんですが、治療のかいも虚しく結局子供を授かることができないまま、借入枠がいっぱいになってしまったのです。これ以上続けることは金銭的にも無理なのです。

結局こうやって治療を諦めていく人は多いようです。どうもこれは神様のいたずらじゃないかな?と最近は思うようにしています。それにしても神様は私達にだけ不幸な悪戯をしてくれたものです。ほんとに恨みますよ。

江戸川区でのバイクの修理は、プロミスの借入を使うくらい高かった

江戸川区在住 H.Nさん(35歳)
首都圏に住んでいたらタクシーと電車があればある程度移動ができるけれども、多分一番移動しやすいと思うのが俺はバイクじゃないかな?と思う。バイクのいいところはスイスイと細い道も行けるところと、スピードが出せるところだ。自転車よりもいいと思う。

そして首都圏にいたら基本的には車はいらないというのは多くの人が思うことだろう。あんなに混んでいるし狭い道を車で走るのであれば、絶対にバイクで走ったほうが早い。それにあんなに混雑していたら自己だって頻繁に起こるのは避けられない。

ということで小型のバイクを購入して葛飾区を中心に乗っていたのだが、最近になって遠出もするようになった。しかしちょっとずつ摩耗してきているのか、修理が必要になってきたので葛飾区の自宅の近くにあるバイク屋に修理に出すことにした。

初めてのバイク修理って言うこともあって、全然どのくらいかわからなかったから最初に見積りを出してもらったんだけれどもほんとに驚いた。あんなにもパーツを交換したり点検したりするだけで、お金がかかるものだろうか。

俺は少し躊躇したけれども、バイクがなかったら移動が難しくなることもあるし、とりあえずは払うことにした。しかし一括払いできないので、プロミスで借入することにした。プロミスで借り入れた現金で支払ったが、そこから1週間修理整備のために乗れなかった。

この1週間は本当に長く感じた。いろんな所に少し時間が空いたらバイクで行っていたし、必要な物を買いに行くのにもバイクを使っていたのにそれができないからだ。結局は家の中でゴロゴロするか仕事に行くかのどちらかだったような気がする。

その後バイクが修理から戻ってきたが、新品同様でピカピカに整備されて戻ってきた。最初に見た時「おぉ!」という声が上がったくらいだった。プロミスで借りた時は「失敗したか?」と思ってしまったが、この出来上がりを見ると、間違いではなかったと思う。

早速乗り回してみたがやっぱりバイクは最高だ。

出産後に仕事がなくなり杉並区に住んで専業主婦ながらプロミスを使う

杉並区在住 J.Oさん(32歳)
私は今専業主婦をしながら子育てをしています。未だにこの状態が続いているので、ちょっと不安がありますがなんとかやって行けているのはプロミスのおかげです。プロミスでの借入があるからこそ、こうやって生活していけています。

子供を産み育てる前まで、私はかなりの仕事をしていたキャリアウーマンでした。自分で言うのもなんですが部下もいましたし、その中で頼りにされていましたし、社長からも「今後引っ張っていってくれな」とよく言われていたくらいです。

自分でも「このままキャリアを積んでいければ」と思っていましたが、結婚してから杉並区に賃貸を借りて、夫と一緒に住むようになって、二人で子育てをしています。しかし困ったことに夫は子育てをしても会社に復帰できたのに、私はできなかったのです。

あれだけ「期待している」とか言われていたのになぜ復帰できないのかと社長にもいいましたが「非正規のパートでいいなら」としか返答がありませんでした。子育てを抱えている女は正職員として雇うことはできない、ということみたいです。

私はショックでしたが、現実がすぐに襲い掛かってきました。それは生活費についてです。私が今まで稼いでいた分がなくなり、かつ子育ての費用がかかるということで、さらにお金が必要になったんです。そこで助けられたのがプロミスの借入だったというわけです。

ここでプロミスの借入に頼らざるをえないのが、専業主婦で子供から目を話せない女性の辛いところです。子供を預けてそして働くことができたら最高なんですが、今はそういうサービスがありませんし、保育所などは高くて預けられません。

女性は日本で働くときには色々差別があって、ガラスの天井についての問題などがあるというのは知っていました。しかしそれ以上に生活をするために稼ぐということすらもかなり高いハードルがあるんだなということを思い知りました。

はやくもう一度仕事をしたい、最近はその気持ちがどんどん大きくなっていっています。

岐阜の友人たちはプロミスより銀行のほうが役立つと口をそろえて言う

岐阜県在住 S.Iさん(38歳)
私の地元岐阜では、友人たちを話をしていると決まって「銀行は信用置けない」という話を聞きます。友人たちというのはみんな経営者なのですが、経営者の寄り合いがあり、そこに私も参加しているのです。最近は岐阜でも私より若い人達がちらほら出てきたので、嬉しく思います。

そんな岐阜での経営者の寄り合いに来ている友人たちは、みんな当然経営者です。小さい会社の人もいれば、中堅企業の方もいますし、1人会社の人もいます。私は3人でやっている会社ですから、まぁ零細企業といえるでしょう。

私も含め、そこでは本当に銀行の評判が悪いです。むしろプロミスなどの消費者金融への評判のほうがよかったりするくらいです。なぜ経営者は銀行を嫌っているかというと、必要なときに銀行はお金を貸してくれないからなんです。

よく「銀行は雨が降っているときには傘を取り上げ、晴れているときに傘を貸してくる」という風に言われています。これは全国どこでも言われていることだと思いますが、銀行は儲かっているときには借りてくれといってくるのです。しかし本当にピンチの時には貸してくれないため、こういった事が言われるのです。

逆にピンチの時に消費者金融を利用するという経営者は結構多いです。おそらく日本でもっとも借りやすいのがプロミスなどではないかと思います。銀行のように晴れている日に傘を貸して来るのではなく、ある程度ピンチの時にも借入が可能です。

だから経営者の中には「プロミスで借り入れていたから、ここまでやってこれた」という人もいます。額が大きくなればさらに商工ローンなどを使っている人もいるみたいですが、銀行が貸してくれないというのが大きな理由ですね。

私達の経営者の寄り合いも中々若い人が入れずに、徐々に人が減っていく傾向にあります。もっとお金を気軽に借りたり出資してもらえるようになれば、岐阜でも日本全国どこでも起業して経営をしていく人が増えてきそうな気がするのですが。

家庭用の発電機をプロミスで購入して墨田区の実家に設置している

墨田区在住 R.Mさん(37歳)
ちょっとした災害があった時に一番困ることってなんでしょうか?命あってのものですから、命がなくなってしまうような災害であればもうどうしようもないとは思います。しかし生きている限り生活をしないといけないわけですから、その時に何が困るか?です。

一番困るのは水だと思います。水だけはないと生きていけないですから、必ず水は溜めておくようにしているんです。そして飲み水も毎年確保して置いています。飲み水の確保は簡単で6本のペットボトルをいつも購入するようにするんです。そしてもう6本のペットボトルを購入して、古い方から飲んでいきます。そして6本になったらまた購入するように繰り返していけば、自然と飲み水をおいておくことができます。

もう一つが電気です。これはほんとに便利で最近はパソコンや携帯電話など電力がないと使えないものも多く、加えてそれらがないと役に立たないどころかみんなと連絡をとれなくなるようなものもあります。だから発電機を家用に購入しました。

この発電機、当然ながらかなりの値段がしました。今は墨田区の実家に置いてありますが、私達の貯金だけでは買えなかったのでプロミスの借入を使いました。不思議な事にクレジットカード払も出来なかったので、プロミスで借りてきた現金一括で購入しています。

ちなみにこの発電機は非常時以外にも使えるんですけど、使ってみたらわかりますが発電のためにかなりのコストが掛かります。灯油を使うんですけど、この灯油のコストが高いのです。非常時以外は普通の都市電気を使ったほうがいいでしょう。

プロミスで購入したこの発電機があれば、最近はガスがなくても何とかなります。ただ、阪神大震災を経験した人から言えば、ガスがないとシャワーなどのお湯がなくて困るという話は聞いたことがあります。後はガスをどうするかが課題です。

電力で何とかなればいいんですけど、もしそれでも難しかったら昔なつかしのドラム缶風呂を復活させるのが一番かもしれませんね。