プロミス

幼稚園保育園に入れる渋谷区の人はプロミスも使わないセレブである

渋谷区在住 S.Kさん(27歳)
私達のような普通の一般夫婦からしたら、幼稚園や保育園に入っている人たちというのはセレブです。おそらくですがこのあたりの感覚というのは都市部の渋谷区に住んでいる私達と、地方にいる人達とではかなり違うんじゃないかなと思います。

地方だったら幼稚園や保育園には全入できるかもしれません。しかし渋谷区などに住んでいると、子供の数が多い割には施設が建てられる余裕が無いので、どうしても競争率が高くなってしまいます。そうなると政治力などが働いてくるのです。

特にセレブな人達はよく幼稚園や保育園に入っているな、というイメージです。逆に私達みたいな一般夫婦はなかなか入れないですし、預けることができたとしても、そのお金を支払うことができないという状況にあります。完全に子育てがしにくいところです。

今は子供を認可されていない保育所に入れています。一時的に預かってもらって、その間にパートをしているのですが、それでも結構生活費はギリギリでプロミスを使わないといけない時もあります。パート代のほとんどが子供の保育代にかかってしまうのです。

おそらく子供を育てるのに渋谷区はほとんど適していないところだとは思います。しかしずっと住んでいるところですし、だからといって他のところに移ったとしても、東京の中にいる限りは変わらないでしょう。同じようにプロミスを使う生活も変わらないはずです。それに通勤も遠くなります。

ですから仕方なく引越しをせずにここで働くしかないんですよね。私の周りにもパート仲間やママ仲間もいますが、やっぱり生活が大変で、プロミスを使っている人は多いみたいです。それに保育所に入れることができている人はホントにごく少数です。

子供をすくすくと健やかに育てたいとは思いますが、それと私達の生活の両方を両立するのがなかなか都会では難しいです。あまりにもこういう状況が長く続けば、きっとプロミスでの借入も難しくなって子供を捨ててしまう人も出てくるんじゃないか?と心配しています。

今の時代は山梨でも安全な食品を食べるためにはプロミスも使う必要

山梨県在住 Y.Sさん(26歳)
インターネットのTwitterでやり取りをしている友人がいますが、その人と話をしていると「安いものを食べるのは気をつけた方がいい。出来るなら止めておくべきだ」なんて言われたりします。私も安いものを食べるのではなく、いいものを食べたいです。

ここで言う良い物というのはフォアグラなどの高級食材という意味ではなく、安全で新鮮なものという意味です。まぁ高級食材も食べたいですけれども、山梨でこういった安全で新鮮なものを選んで食べようとしたら、かなりのコストがかかるのが現実なんです。

おそらく山梨でかなりのコストが掛かりますから、東京などの大都会で言えば、かなりのコストがかかるんだろうなというのは予想できます。ですから安全なものを食べようとしたら、それなりにお金がかかるから私のような若い人間には難しいのです。

一時期ホントに安全なものだけを食べようとしたことがありました。ちゃんと食品産地の表示がされているものだけを食べる方法で、外食でも日本以外の産地が書かれているところは食べないようにしました。そうするとすごく値段が高くなって、結果的にプロミスの借入を増やす必要に迫られました。

元々プロミスはそういった生活のためにという借入もしていましたが、万が一の時や急な出費の時などに頼っていました。しかし安全な日本の野菜や肉などだけで過ごそうとしたら、急にコストが上がってしまい、プロミスが必須になってしまったのだ。

友人にインターネットで言われたのはよくわかります。中国産などで色々と問題が起きているし、健康被害も起こっていることは聞いています。しかしそれでも私のような貧乏な人間は安全なものよりも安いものを選ばないといけないのです。でないと生活していけないのです。

プロミスを使ってまで毎月安全なものだけを求めて食べるなんて、それは本末転倒でしょう。もっと必要なところにコストを掛けていくために、私はプロミスを使っているんですから。

限度額はどう決まる?キャッシングの限度額決定のメカニズム

初めてのキャッシングを行うために申し込みをして、審査が通りいよいよ利用できるという時に、オペレータから聞く情報の中に、「利用限度額」という言葉が出てきます。利用限度額とは審査で決まった、会員へ利用できる金額の上限のことです。キャッシング最低額から、時にはこんなに借り入れできるのとびっくりするくらいの金額を提示されます。一般的には、新規契約者や若年層の利用者は、上限が低く設定されています。しかし、利用状況や収入状況の随時報告によって借入額が増えたり、逆に下げられたりもします。突然限度額が変わることも多いので注意してください。

利用限度額は各カードローンで様々です。例えばプロミスですと、最大300万円まで利用限度額を広げることができます。しかし、返済時の利息や支払い額も借入額によって変化していきます。利用限度額の算出基準の一つに、年収があります。2年前に貸金業法が完全施行されたことで、年収の3分の1以上借入を行うことを原則禁止とした法律「総量規制」から、利用限度額を算出しているのです。例えば年収300万円の方はその3分の1である、100万円までしか借りられません。これは複数のキャッシングとなると、年収の3分の1と他社で借り入れている額の合計を確認し、審査側は無理のない額を決定していかなければなりませんので、審査結果後の利用限度額は数万円という場合もあります。

総量規制が設けられ、利用限度額が年収以上にならないので、利用する側も安心です。しかし時に、利用限度額が大きい結果が出ることもあります。だからといって、むやみに借り過ぎないことがポイントです。借り過ぎて気づいたら返済額がとんでもない額になっていたということだけは避けましょう。

返済は計画的に行うだけじゃない!一括返済で利息過払いを防ぐ

キャッシングの返済方法は皆さん、どのように返済プランを立てていますでしょうか。完済するためにどのように収入から返済していくか考えることも多いかと思います。しかし、返済にはキャッシング申し込み時に設定された金利から利息が発生してしまいます。この利息をいかに少なく支払うかで、キャッシングの返済方法が大きく変わります。

月に定額を返金していく方法が一般的です。例えば借り入れ10万円に対して、月々の返済が1万円となったり2万円となったりと最初の契約時で支払う額を設定します。この場合借入額は少しずつ減っていきます。メカニズムとしては、支払い額は返済額と利息に分かれていきます。例えば、1万円の返済額で、借入金に反映されるのが7000円で、利息に3000円という形になっています。よくみると、上手い商売です。一度借りたら、あとはゆっくり返済していきながらも、利息を収益にしていくという金融会社の儲けのカラクリに入ってしまっているのです。そして中にはスライド式と呼ばれる支払い方法を取っているところもあり、借入額によって月々の返済額が決まるというキャッシングもあります。

では、月々決まった額を払いながら利息を払いたくないという方はどうしたら早く返せるでしょうか。それは「一括返済」です。ボーナスなどで一時的にお金を得た場合に、事前に借りていたお金を一気に返済しようというプランです。これで支払う利息は返済時の1回のみで対処できます。しかし、確認すべき点があります。それはキャッシングを申し込む際に一括返済ができるかという点です。どのATMでも返済が可能なキャッシングは一括返済ができるものが多いです。中には一括返済ができないものもありますし、以前は一括返済できたものができなくなるパターンもあります。

一括返済が急に出来ないケースとして、キャッシングを取り扱っている消費者金融や系列銀行が変わったことが大きな理由です。会社が変わったら、返済方法の確認を怠ってはいけません。オペレータに連絡して、入念に確認しておきましょう。

借り過ぎ厳禁!キャッシングでブラックリストに載ったらこうなる

過去にお金を借りていたという方は多いと思います。時には借り過ぎて、なかなかお金を返せない時期があったり、業者とトラブルになったということがある人は、新規でキャッシングを申し込む時に注意しなければなりません。もしかしたら、過去のトラブルや事故から、いわゆる「ブラックリスト」に乗ってしまっている可能性があるのです。

ブラックリストに乗るといわれているのは、過去のトラブルや事故、契約情報、申し込みの履歴などといったものです。これらは5年から10年は残ると言われています。該当するのが、消費者金融でのキャッシングや銀行のカードローン、そしてクレジットカードでのキャッシングやショッピング枠を要した買い物など、様々な種類の機関があります。キャッシングやクレジットカードは正しく利用すればとても便利なものですが、借りたものは必ず返さなければなりません。契約する際に、双方でしっかりと決められた日程に、決まった金額を支払っていかなけらばなりません。

事例としては、キャッシングなどで自動引き落としになっていることを忘れてしまい、気がつけば口座の中の残金が返済額に足りず、返済が滞ってしまい、返済の延滞が発生し続けてしまう場合があります。この場合は、正しくカードを利用していないということで、ブラックリストに乗ってしまう事例となります。これは、事件扱いにもなってしまいますのでご注意ください。個人信用情報機関に登録されてしまいます。そして、3ヶ月間引き落とし日から支払いが遅れた時点で、事故扱いとなって登録されてしまいます。この場合、新規でキャッシングを申し込む際には致命的な要因となります。契約時の審査でこれも対象となりますので、審査が通りづらくなるのです。また、利用時の制限も色々あります。返済が少しでも遅れたらキャッシングが止められることもあります。

キャッシングを申し込む際には、自ら立てた借入額を返済するプランを完遂してください。そして正しくカードを利用するようにしていってください。

無職では借りれない?無職者がキャッシングを申し込み可能なカード

キャッシングを申し込む上で最も重要なこと、それは「収入が継続的にある」ことです。収入のない無職者は残念ながら生活に苦しくても、キャッシングによりお金を借りることはできません。正直な話ですが、無職で融資を受けるのは少々難易度が高いです。急に仕事が無くなってしまったという方はご注意ください。融資する側にすれば、「無職者」というだけで継続的な収入は無いと、判断せざるを得ないだけでなく、無人機やインターネットなど対面でない形での申し込みとなれば、申し込む側の顔が見えない事もありますので、本人かどうかも分かりません。そうなれば、信頼性も失われてしまい、審査がよりシビアになるのは言うまでもありません。

どうしても明日にでもお金がほしいという方はどうすればいいのでしょうか。業者の中では、過去の借金状況や融資を受ける際の使用目的が生活費や医療費などの理由で借りるというのであれば、貸してくれる業者も中にはあるかもしれません。しかしながら、審査結果は常にシビアになることを覚悟してください。面倒くさがりの人には苦痛かもしれませんが、何社かにアタックしてみるといいでしょう。

仕事を持たない方に簡単に融資してはくれません。とりわけ金融機関と提携しているキャッシングが増えてきたために、信頼性も必要となります。大事なのは、「あくまでも仕事があれば」可能なのです。どういうことかといいますと、仕事といっても就職や転職だけではありません。アルバイトやパートでも借りれるカードローンが出回っているのです。それであくまでも仕事があればキャッシングが可能となるのです。アルバイトやパートでもキャッシングが可能な会社はプロミスやアコムなどがあります。しかし、審査はそれなりに厳しいと思ってください。キャッシングが可能か申し込む前にインターネットで事前審査もできますので、一度試してみるのもいいでしょう。

社会信頼度が低い学生はキャッシングの申し込みが可能なのか?

基本的にキャッシングは、収入を得ている人が対象となっています。やはり貸すことができると判断される人は、定期的に収入を得ており、返済期日に間違いなく元金と利息を含めた額を精算していくことができる利用者を審査で選んでいます。「無職なので収入がないから、カードローンなんて作れない」「学生なので、お金の借り入れはできない」と嘆いている方には、本当にキャッシングができるものはないのでしょうか。

学生はお金を必要にするシーンは色々あります。例えば、「仲間で卒業旅行に行きたい」、「自動車免許を取りたい」と金額が高いものほど、社会人以上に手が届かないものばかりです。そして、学生ならではのイベントが急に発生したときです。例えば急なコンパやイベント等の出費です。これには出会いの場を失うことにもつながるので、お金が無いというのは致命的なことでもあるのです。

借りれるカードローンがあるのか探してみると、案外見つかりました。学生が利用できるキャッシングは、社会人のような安定した収入が無いだけでなく、社会的な信用度も親の助けが必要な学生でも、アルバイトなど何かしらの収入があれば、低金利でお金を借りれるキャッシングサービスです。申し込みの際に必要な書類は学生証と、運転免許書や住民票などの本人確認書類のみで可能です。申し込みの際に、保証人や担保などは必要の無い会社がほとんどです。

人気があるのは、借りた後数日間利息が発生しない、「無利息サービス」を提供してくれるキャッシングが可能なカードローンです。例えば10万円を1か月間借りても、30日間無利息サービスがあれば、10万円返済すればいいのです。提供しているのはプロミスやレイクなどあります。プロミスでは、条件もホームページ上に記載されており、借りる条件としてはアルバイトなどの収入があり20歳以上69歳以下であればキャッシング可能であるとみなされてます。無料で審査は行ってくれますので、不安点があれば色々聞いてみてください。

一度契約して、郵送されたカードを持っていれば、近所のコンビニのATM等で24時間借りることができるので、急なイベントにもお金を理由に参加できないということは無くなります。しかし、計画的な返済は常に心掛けなければなりません。学生の方は慎重に借りるようにしましょう。

銀行系列のキャッシングは安心?銀行系キャッシングの特徴

様々なカードローンが出回っています。金利の低いものから高いもの、返済金額の高いものから安く済むものまで様々ありますが、自分の生活にあった返済ができるカードローンを申し込みたいものです。そんな中、消費者金融も金利を減らしてより借りやすくしたり、返済プランをインターネットなど多岐にわたるように整備するために手を組んだのが「銀行」です。最近ではテレビのコマーシャルでよく流れている、「○○系カードローン」というのが、まさにそうです。

いわゆる「銀行系キャッシング」と呼ばれているものです。これは銀行が直接融資をするか、銀行が出資をするか業務提携をすることで業務を行っているカードローンです。この銀行系キャッシングが人気の理由はなんといっても、銀行がバックアップしているという安全性や安心感、そして、銀行が直接取扱いを行う「無担保キャッシング」ですので、低金利に抑えることができるというところです。一般のローン会社と異なりローンに対し大きな社会的信用も十分にあります。

銀行系キャッシングの事例で言うと、まずは「三菱東京UFJ銀行系」です。コマーシャルでも多く流れている「モビット」や「バンクイック」が人気のカードです。そして「三井住友フィナンシャルグループ」のカードローンですと、プロミスがあります。最近では女性でも借りやすくできるようにサービスの改善も行われています。他にも「新生銀行系」では、レイクやノーローンが該当します。これらはもともと消費者金融でしたが、銀行系列に入ったことでイメージの改善や低金利での商品提供をできるようにしたのです。

しかしながら、銀行系キャッシングを利用するうえで注意しなければならないことがあります。それは基準の高い審査を乗り越える必要があるのです。細かく審査されていきますので、必然的に申込から利用まで時間を要します。そして、ほとんどの銀行系キャッシングであることなのですが、事前に該当する銀行口座を開設している必要があります。単に銀行系キャッシングを利用するだけでは、審査は厳しいものになり、たとえ該当銀行の口座を開設したとしても、これら銀行系キャッシングを必ず利用できるとは限りませんのでご注意ください。

金利で損をする?キャッシングを金利で選んでみる方法

金利はキャッシングで常に付きまとう厄介なものです。この金利から利息が生まれ、返済を圧迫してしまうのです。「今月、3万円返済したが利息で2万円しか返せなかった。」とか、「たった数日しか借りていないのに、返済したら3分の1を利息で持っていかれた」というケースが少なくありません。

確かに数か月など長期間借り入れをしてしまった場合は、利息が多くついてしまうことになっても仕方がありません。しかし、短期間で返済額の3分の1や半分を利息で持っていかれるというのは、完済まで時間がかかってしまいます。今の時代、インターネットなどで各社のカードローンを比較することができます。

そんな中で常に上位に来ているカードローンは何社かあります。いずれも金利が低く人気を集めています。例えば三菱東京UFJ銀行系列のモビットです。三菱東京UFJ銀行系列になったことで、金利を大幅に下げることができました。最低の利率は4.8%となっています。これは、10万円を1カ月借りた場合、利息はたった400円しかかかりません。またプロミスでは金利は最低6.3%となっています。これもオペレータとの連絡体制もしっかりしており人気を集めています。

低金利のキャッシングの恩恵は利息ばかりではありません。月々の返済額の減額や減額による返済期間の延長も可能なところがあります。また元金充当割合の向上や、元金縮小のスピードアップをはかることも可能です。精神的にも余裕ができます。最悪の事態、この低金利のカードローンで、金利の高い他のカードローンを返済しひとまとめにしてしまうことも可能です。最適なキャッシングを選ぶことも返済プランの一つとなりますので、よく確認してみてください。

時間を気にせず返済可能!ネットキャッシングの利点について

「時間が無いので、返済期日にお金を返せない。」、「お金を借りたいが、時刻は深夜1時。今日は日曜日で受付も終わっているし、ATMもどこにも無いので、お金が無い。」という方も多いかと思います。そんな時に役立つのがインターネットです。様々なカードローンは、インターネットで借り入れをしたり、返済をすることも可能なカードローンが多いです。インターネットでのキャッシングは、パソコンや携帯電話、そしてスマートフォンから、24時間365日対応可能なサービスです。

様々なカードローンは、インターネットでキャッシングの申し込みをすると、振込手数料がかかるところが多いです。そんな中で、手数料が0円というカードローンもあります。例えば三井住友フィナンシャルグループのプロミスです。プロミスは系列銀行を中心に振込手数料はかからないサービスを展開しています。そして、受付完了から10秒程度でキャッシングの申し込みが済み、借り入れや返済が可能になります。

プロミスの場合、借り入れする場合に自分の口座が三井住友銀行かジャパンネット銀行の場合、申し込み時間は24時間対応しています。申し込んだ後、10秒程度で振り込まれます。また返済の場合、三井住友銀行などの都市銀行や、ジャパンネット銀行などのインターネットに対応している銀行ならば、インターネットでメニュー画面にある「インターネット返済」をクリック後、返済金額を入力し、返済手続きを完了させることができます。

インターネットで返済する時の注意点としては、自分の使っている金融機関のインターネットサービスを使っていなければなりません。会員登録を行っておき、それぞれで振込実行手続きをしておかなければ返済されたことにならないのでご注意ください。

他のカードローンもインターネットでの手続きがありますが、プロミスはこれらの手続きがどんな時でも振込手数料が0円で済みます。こちらのサービスも参考にして、申し込みをしてみてもいいと思います。