プロミス

キャッシングの前に、関係する重要な法律を覚えよう~総量規制~

キャッシングは主に貸金業法が関係してくるのですが、比較的最近、この貸金業法が改正されキャッシング利用法が大きく変わっている点があります。なぜ改正されたのか、一番の理由は自己破産防止、そして悪質業者対策と言えるでしょう。

法改正によって大きく変わった点は、「総量規制」が敷かれた点です。総量規制とは一体何でしょうか?総量規制とキャッシングはどんな関係にあるのでしょうか?

総量規制とは

総量規制を一言で説明すると、「年収の1/3を上限として借入可能」ということです。言い換えるなら、年収の1/3を超えてキャッシングはできないようになったのです。

今までは、キャッシング各社の裁量で各個人に貸付が行われていたのですが、金融危機をきっかけに債務整理などの問題が勃発、消費者側だけでなく貸金業者側にも重い負担が生じたのです。ですから、この総量規制がしかれたことによって、借り手と貸し手双方を保護するものとなったと言えるでしょう。
(⇒その他消費者保護の法律はこちら

総量規制と専業主婦との関係

総量規制の結果、意外な制約が課せられることになりました。制約というほどのものではありませんが、専業主婦の方が借入を行なう場合、夫の収入証明書(源泉徴収票等)と夫の同意書の提出が求められています。改正以前は、夫に内緒で借入も可能だったのですが、これからはそうはいかなくなりましたね。

主婦の方でも、アルバイト・パートなどによる定期収入があれば申込み可能です。あくまでも無職の主婦の方が対象であることを覚えておきましょう。

総量規制の抜け道

基本的に、貸金業者すべてが総量規制の対象なのですが、銀行ローンだけは対象外となっています。つまり、銀行が直接発行しているローンカードならば、年収の1/3を超える額を借入することも可能ということです。

しかし、それだけ借入できるのには裏があり、ローン審査が厳しいと言われています。銀行ローン申込時点での返済能力を問われますから、少額を短期間借入したいというならわざわざ銀行ローンに申し込む必要はなく、銀行系キャッシングで全く問題ありません。
(⇒銀行ローンと銀行系ローンの違いとは

また、住宅ローンや自動車ローン、高額医療費の借入は、総量規制の対象外であることも併せて覚えておきましょう。簡単に言えば例外規定があるということですから、知っていて損はありません。

以上、総量規制とそれに関わる状況の把握ができたことと思います。これを念頭にさっそくキャッシングの申込みをすることにしましょう。

私が借りたんじゃない!身内の借金なんか返済したくないけど・・・

自分が借りたわけではないが、身内が借金をしている場合、その借金の返済をすべきかどうか考えなければならないケースがいくつかあります。そのケースごとに借金返済の是非を見ていきましょう。

身内が借金苦のケース

両親または兄弟姉妹がキャッシング会社で融資を受け、その後返済がスムーズに行われずブラックになってしまったケースがあるとしましょう。そんな場合、あなたに借金の返済義務はあるのでしょうか?結論から申しますと、返済義務はありません。

法律上、契約者以外の第三者が借金の返済義務を課されることはありません。もちろん、保証人や連帯保証人になっていた場合は別ですが、キャッシングは基本的に無保証・無担保での借入が特長です。ですから、法律上は借金の返済義務はないということを覚えておきましょう。

しかし、ある貸金業者は、「1回分だけで良いので払っていただけませんか?」とあなたにお願いしてくることがあるかもしれません。大手のキャッシング会社ならそのような違法行為をすることはないので安心ですが、身内が利用していたのがマイナーな中小企業または闇金融だったとしたら、そのようなケースも考えられるかもしれません。

実は、1回だけでも借金の肩代わりをすると、全額返済の義務が生じてしまいます。ですから、「1回だけ・・・」なんていう甘い言葉にのらないようにしましょう。親でもなんでもあなたに返済義務はないのです。

身内が亡くなったケース

上述しましたが、身内のキャッシングの返済義務はあなたにはありませんが、身内が死亡した場合は‘例外’が生じるかもしれません。とりわけキャッシングをしていたのが親で、死亡した親の遺産を相続した場合は、あなたに返済義務が生じるのです。
(⇒キャッシングをしていた親が死亡したケースの詳細はこちら

遺産相続というのは、自分で選択して一部分を相続したりしなかったりできるものではなく、すべてを相続するか或いは遺産放棄するかの2者選択となります。ですから、親がキャッシングをしていて、その親の遺産を相続したなら、あなたには親のキャッシングの返済をする義務が生じるのです。

遺産相続のキーポイントは、借金と財産どちらが多いか計算することでしょう。遺産合計がプラスなら相続すれば良いですし、反対にマイナスなら遺産放棄すればOKです。

こうした知識がないと、返済しなくても良い身内の借金まで返済しかねませんから、情報は如何に大切かお分かりいただけたと思います。キャッシングというのは、いざという時(自分が死んだ場合)を考えつつするのが賢明ですね。

衝撃の事実!借りてもいないお金を返済することってあり得るの?

これは実際にあった話ですが、父親が死亡してから数日後に、父親にはキャッシング会社への借金があったことが判明、それに慌てふためいた息子が返済すべきかどうか悩んでいたというものです。親の借金はあくまでも親のもの、息子のものではないはず・・・。さて、自分では借りてもいないお金を返済することってあり得るのでしょうか?

保証人と連帯保証人

まず、親の借金に関して保証人または連帯保証人になっていないのであれば、息子も含め第三者に返済の義務は生じません。そして、法律(貸金業規制法)では、第三者への取立て行為は一切禁止されていますので、仮に貸金業者から取立てや返済催促の電話があった場合には無視するのが最善です。

もちろん親の借金ですし、無視したり返済しないのであれば良心の痛みを感じるかもしれませんが、これは法律に基づいた行為でありますから、取立てに関わらないようにしましょう。

遺産相続は話が別

しかし、注意点が一つ。親の借金の保証人または連帯保証人になっていなくても、もし親の遺産を相続すると借金も引き継ぐことになります。遺産相続というのは、好きなものだけ相続できるわけではなく、自分にとって有利なものも不利なものもすべて相続しなければならないのです。

ですから、遺産相続に関しては話が別になります。しかし、遺産相続をしてから借金の返済の義務を知った場合、自分が相続人になったことを知ってから3か月以内であれば相続放棄が可能です。相続放棄の手続きを家庭裁判所に申し立てれば、親から引き継ぐはずだった債務をなくすことができます。

また、親が誰かの借金の保証人や連帯保証人になっていた場合も同じで、遺産相続によって引き継ぐことになりますし、遺産放棄すれば債務は生じません。しかし、気を付けたいのは、遺産放棄をするとすべての権利を放棄することになります。ですから、借金の肩代わりをする必要はなくなりますが、その他親の財産を引き継ぐことも不可能になりますので、究極の選択を迫られることになるのです。

遺産相続で困ったら・・・

キャッシングの返済と遺産相続の意外な関係、お分かりいただけたと思います。返済は重要なのですが、親のキャッシングの返済までするのは気が進みませんよね。

こうした遺産相続に関する問題はけっこう複雑な問題になりがちですし、家庭によって様々なケースがありますので、自分では解決できそうもないときは、躊躇せずに法律の専門家である司法書士または弁護士に相談するのが先決でしょう。

こうして対処法を立てよう!悪質業者に引っかからない方法とは

前回の記事で、悪質業者がどんな手法で罠をしかけてくるか学びましたね。その手口は年々巧妙になってきていますので、消費者である私たちもそれなりの対策を練る必要があります。では、悪質業者に引っかからない方法とは何でしょうか?

登録番号のチェック

法律上認可を得て貸金業務を行うには、金融庁に届出を行い登録する必要があります。登録をする「登録番号」というものが各社付与されるので、正式に登録している業者のHPなどには必ず登録番号が提示されています。例えば、キャッシング大手の「プロミス」の登録番号は、「関東財務局長(10)第00615号」となっています。

こうした登録番号が表示されている業者だけでキャッシングすることにしましょう。もちろん表示されていても中小企業の中にはサービスが行き届いていない会社もありますから、可能な限りプロミスのような大手を選択するのは賢明と言えるでしょう。
(⇒大手キャッシング会社の魅力とは

連絡先のチェック

大手キャッシングを選んでおけばこういう問題は発生しませんが、小さな企業で借入を行なうなら利用会社の連絡先のチェックを怠ってはなりません。

上述したように登録番号の確認だけでなく、電話番号、住所、加入団体名とその登録番号、ネットのホームページを細かくチェックする必要があります。可能なら、その業者を検索サイトで検索してみましょう。利用したことのある方のレビューが見つかるかもしれません。

しかし、ここまでしないと利用できないような業者はいささか不安です。やはり最善なのは大手キャッシング会社を利用することでしょう。
(⇒大手キャッシング会社プロミスのレビュー

心構えのチェック

この世の中には、うますぎる話というものはないと言っても過言ではありません。うますぎる話と思ったら、借りたいと考えるのではなく‘怪しい!’と考えましょう。怪しいと考える心構えがあると、おのずと上記2点、「登録番号と連絡先」を細かくチェックすることができるはずです。悪質業者に引っかからないために、こうした正しい心構えの準備も欠かせないのです。

以上、悪質業者対処法をいくつかご紹介しましたが、これさえ頭に入れておけば問題ないでしょう。しかし、重ねて申しますが、賢明な選択は「大手キャッシング会社」を選ぶことです。上場しているような企業なら安心して借入できるだけでなく、その他メリットが豊富ですよ。
(⇒初めて借りるならプロミスがおすすめの理由とは

どの時代にもいるんです、悪質業者と巧妙な手口とは

振り込め詐欺を始め、いまだに火種がくすぶる悪質業者。どの時代にも、悪知恵を働かせる人がいるものですね。悪質業者に関してはキャッシング業界にも多数存在します。法律が規制しても、法律の穴を抜けて道理からそれている営業活動を行う人もいれば、堂々と悪質業務を行う卑劣な方もいます。
(⇒悪質業者筆頭、闇金融の実態とは

こんな世の中でキャッシングするには、それなりの知識が必要です。もちろん、当サイトでオススメする大手キャッシング会社で借入を行なえば間違いはありません。しかし、情報を鵜呑みにするのではなく、正確な知識を自分で取り入れることが重要です。

以下、悪質業者がしくむ巧妙な手口の基本をご紹介致します。

押付融資

融資申し込みをしていない顧客情報を闇金融から買い取り、そのお客の銀行口座に現金を振り込む手口です。振り込まれたお客はわけが分からず、言われるがままに高額の返済を行なうことになってしまいます。ヤミ金を利用したことのあるお客の隙をついて行う巧妙な手口と言えるでしょう。

高金利貸付

これが、「THE ヤミ金」と言えるほどの、悪質業者の代表的な手口です。信用情報に事故情報が記録されている方や多重債務で登録キャッシング会社から借入を行なえない方を対象として、高金利による貸付を行う手口です。たいてい審査なし、即日融資で貸付を行いますが、貸付の際には金利を言わないことがほとんどです。

後ほど、文字通り法外な金利による返済を強要されるのがオチで、もともと多重債務だった方は債務整理をすることになるでしょう。

紹介屋

これもヤミ金が仕組む罠の一つで、ターゲットは上の高金利貸付とほぼ同じ多重債務の方です。最初は低金利で融資しますと誘い、その後自社では審査が通らないので他社を紹介しますよと言ってくるのがセオリーです。もちろんただで紹介するのではなくここからが「紹介屋」の腕の見せ所で、「審査が通りやすくなるので、指定の業者から少し借入を行なって下さい」と言い寄ってきます。

そして、他業者を紹介した高額な紹介料や手数料を請求する、というのが紹介屋の一般的な方法です。指定業者など、すべてと組織的に行う巧妙な手口ですから、引っかかってしまう人が少なくありません。

このほかにも手口はたくさんあるのですが、最近はより巧妙になっていますから、私は問題ないと思わずに心の隙を突かれぬよう十分に注意して下さい。最初から登録している正式な且つ大手のキャッシング業者で借入していれば問題はありませんけどね。
(⇒大手キャッシング1番手はココ!

瀕死の状態になる前に心に刻め!キャッシングの返済に対する心得

子供は経験の乏しい生き物ですから、再三再四「失敗した~こうすれば良かったなぁ」と悔やむのが常です。経験する前に思考力を働かせれば良いのですが、そうできる子供はそうそういません。しかし、同じようなことが大人の皆さんにも当てはまりますよ。

他の人の失敗談から学ぶことや行動する前に結果をよく考えることを怠れば、結果は理想通りにはいかないことがほとんどです。そう、子供や大人に関係なく、人は誰でも思考力を働かせ、行動の結果を洞察する必要があるのです。

このことを是非、キャッシングの利用にも応用したいものです。というのは、キャッシングの返済に関して、返済が滞ればどうなるか、返済計画通りに返済しなければどうなるか、返済しなければどんなデメリットがあるのか、自分の人生にどんな影響がでるか等々、しっかりと考える必要があるというわけです。

そうした結果を考えれば、おのずと返済に対する認識が増し、しっかりと返済しようと心に定めることができますから、最悪の結果を経験することなくキャッシングライフを楽しむことにしましょう。

では、返済に対する認識が薄いとどんな結果になるか、一つの例をご紹介致します。この例を、頭と心で考えましょう。そうすれば、返済に対する心得を体得することができるはずです。

自転車操業は絶対避けよう!

たいていのキャッシング業者では、毎月1回の返済日が規定されますが、毎月の返済を順調に返済していたある人が、ちょっとした事情からある月の返済日にお金を持ち合わせておらず、結局他のキャッシング会社で借金をして、それを返済に充てることにしました。

その時は、表面的には難を凌いだように見えますが、実はそれが自転車操業の始まりだったのです。キャッシングというのは、キャッシング件数が増えれば増えるほど返済利息も増えることになります。ですから、返しても返しても借金残高が減るどころか増えていくことになるのです。

しかも、借金の返済のために他業者からキャッシングした経験のある人は、それを繰り返す傾向にあります。借金が増えていくためさらに借金を重ね、そうなるといつの間にか自転車操業に陥っているのです。そうなったら最後、借金を完済する可能性はほぼゼロ、あとは債務整理という手段しか残らなくなります。

先を見越してキャッシングをしよう

以上の経験はフィクションですが、似たような経験をしている方は実は少なくありません。自転車操業になるようなことは絶対避けなければなりませんから、そのために何をしなければならないのか、現実的なキャッシング計画を立てると同時にキャッシングに対する正しい心構えを持つことにしましょう。

返済不可能な状態になったら考えなければならない「債務整理」とは

初めに、キャッシングの基本的な流れをおさらいしたいと思うのですが、キャッシング会社で申込をしてから審査があり、審査を通過すると契約、その後借入して、毎月の返済。借金をすべて完済すればキャッシングの一連の流れが終了となります。この流れはだいたい頭に入っていると思います。

しかし、キャッシングは‘ちょっとしたこと’がきっかけで、順調な流れが崩壊することがあります。例えば、お金を借りたものの返済期日を守らず返済が滞るといったケースです。最初の数回は緊張感を保ちながら返済をしていたものの、何回かキャッシングを繰り返しているとその緊張感もなくなり、いつの間にか返済に対する認識が薄れてしまうことがあるようです。

返済に対する認識がなくなると返済が滞り、前回の記事で話したように、遅延利率による返済が課されるケースもあるでしょう。また、返済のために新たな借金をするケースも少なくないようです。

借金の返済のための借金というのは非常に危険で、それは多重債務の第一歩となります。その後と言えば、‘自転車操業’が継続し、結局は借金のために生きている、言い換えると借金の奴隷になっているようなことが起こるのです。率直に言いますと、自転車操業の価値はほとんどありません。意味のない、無駄な延命措置とも言えるでしょう。

ですから、返済に対する認識が何より重要なのですが、自転車操業のような返済が不可能な状態になったら、‘ある手段’を講じる必要があるでしょう。それは「債務整理」です。債務整理とは、債務者を保護する法律でもありますが、法律に則って借金を整理する行為を指します。

4種類ある債務整理

以前の記事の中でも話したのですが、債務整理は以下の4種類あります。

1.破産法
2.個人債務者民事再生法
3.特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律
4.司法書士による訴訟手続き
(⇒4種の債務整理の詳細はこちら

債務整理がもたらすメリットとデメリット

債務整理をすれば、少なくとも借金を減らすことができますし、自己破産を選択すれば借金は帳消しになりますので、借金返済からくるストレスはなくなります。これは大きなメリットとなりますが、実はそれ以上に大きいのがデメリットです。

債務整理をすると、個人信用情報機関が管理する信用情報に事故情報として記録されますから、いわばあなたはブラックリストに名を連ねたことになるのです。自己破産の場合、最低でも5~10年は記録が保持されますので、新たなキャッシングをすることはできませんし、新規でクレジットカードを作成も不可、ローンを組むことも不可能となります。

こうなると生活に大きな支障がでますから、どうしても一般の人と同じ生活はできなくなりますし、何より社会人としての責任を果たさずに自己破産となると、やはりモラルの問題として周囲からの冷ややかな目も覚悟しなければなりません。そうならないためにも・・・

・自己返済能力を確かめること
・返済計画を立てること
・キャッシング利用前に、利用の必要性の有無を再度確認すること

など、いくつかの項目を必ずチェックしてからキャッシングを利用することが重要です。正しい心構えでキャッシングすれば債務整理を恐れる必要はありませんが、返済への認識を高めておくことは最低条件となりますので、お忘れなく。

キャッシングの返済が遅れると、どんな取り立てがやってくる?

キャッシングで返済が滞るとこわーいお兄さんが取立てにやってきて、最後は夜逃げをしなければならなくなる・・・というのが、キャッシングに対するイメージでしょうか。確かに、以前はそういうこともあったのかもしれませんが、今は基本的にこわーい取立てはないと言い切っちゃいましょう。その理由とは・・・

最近では法改正が進み、以前のような脅迫まがいの取立ては違法行為となり、違法な取立てを行なえば罰金や営業停止命令といった罰則が与えられますから、大手のキャッシング業者や上場している業者は違法な取立ては一切ありません。

実際、違法にあたる取立てを行ない業務停止命令を受けたキャッシング会社がありましたから、キャッシング各社の取立てに対する見方はさらに慎重になっているようです。ですから、利用者側としてはこれほど安心してキャッシングできるようになったのは嬉しい限りです。

しかし、完全に安心しきるのもこれまた心配な一面があります。というのは、いまだに「闇金融」が存在し、違法な金利と取立てをもって営業活動を行なっているのです。ですから、どんな取立てが違法行為なのかをはっきり把握しておくと、今後のキャッシングがスムーズだと思います。

これが違法な取立てだ!

・暴力(実際の暴力のほかに暴力的な態度を含む)
・大声(脅迫やプライバシーの侵害ともみなされる)
・乱暴的な言葉(脅迫的行為となる)
・複数人で押しかける(脅迫と取られ違法行為にあたる)
・時間帯(午前8時~午後9時以外の時間に電話や訪問による取立てを行なう)
・取立ての頻度(私生活や仕事に影響を及ぼすほどの取立ては違法になる)
・プライバシーの侵害(借金を周囲にばらす行為等)
・仕事場に訪問(プライバシーの侵害にあたる)
・他業者からの借入を強要する(他社からの借入で返済を強要することは違法になる)
・任意整理委任中の借入者に取立て(任意整理を弁護士や司法書士に依頼中の場合、当人への取立ては違法)
・支払義務のない人への返済請求(保証人・連帯保証人ではない家族や親せきへの返済請求は認められていない)
・その他迷惑行為にあたるケース

違法取立てに合わないために

仮に違法行為と思われる取立てを受けたなら、警察に届け出ることが先決です。しかし、そのような行為にあうのは、無登録の闇金融での借入がほとんどです。最初から大手のキャッシング業者でキャッシングを行なえば問題はありません。
(⇒大手会社のプロミスを利用して120%満足した人の体験談

闇金融、今でも闇の中に存在する?キャッシングと闇金融の関係とは

キャッシング業者といってもピンからキリまであって、大企業がバックにある「プロミス」のような優良企業もあれば、聞いたことのないような小さなキャッシング会社もあります。その中には、「闇金融」が含まれているのはご存知ですか?最近では大分減った感がありますが、それでも存在しているのは確かです。

ここでは闇金融とは何か、注意点を含めお話ししていきたいと思います。

闇金融って何?

闇金融とは、無登録の金融会社のことを指していて、法外な金利で貸付を行うのが主な特徴です。貸金業者は、業務を行う場所または本店所在地で必ず金融庁または財務局に届出を行わなければならず、それは法律で義務化されています。

例えば、プロミスを展開するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の登録番号は、「関東財務局長(10)第00615号」となっています。基本的に、貸金業者はこうした登録番号をホームページなどで提示することが定められており、どこにも表示のない会社は疑ってかかったほうが良いかと思います。

闇金融の主な特徴

存在自体が法外なわけですから、営業活動も法外なことをやってきます。現在、法律で最高でも20%以下の金利で貸付を行わなければならないことが定められているわけですが、20%以上の金利で貸付をしてくるのが闇金融です。登録番号があるかどうかに加え、金利が法定内かどうかもチェックしなければなりません。

また、違法な取立てをしてくるのも大きな特長です。取立てに関して法整備が進み、してはならないことがはっきりと明文化されている現在ですが、強烈な脅し、脅迫をしながら借金の返済を迫ってきます。ただでさえ金利が法外なわけですから、借り手の方はなかなか返済できなくて当然です。しかし、債務者の足元をみて脅してくるのが闇金融なのです。
(⇒取立てに関する法律について

対処法

闇金融には絶対手を出さないことが一番の対処法です。闇金融でお金を借りようとする人は、たいてい登録されている貸金業者で借入できないために、結果として闇金融に手を出すようです。しかし、登録されているキャッシング会社で借入できないことが問題ではなく、そうなってしまった過程に問題の根源が潜んでいます。

キャッシングする上での障害となっている問題と向き合い、問題を根っこから取り除くよう励むことが非常に大切です。今からキャッシングしようとしている方は、まずはキャッシングへの正しい見方を保ち、それからプロミスのような大企業でキャッシングするのが最善の選択と言えるでしょう。
(⇒プロミスでの申込から利用まで

返済遅延になると、さあ遅延利率のご登場!遅延利率って何?

キャッシングでお金を借りた時、必ず20%以下の金利を加算し返済するのが常ですが、返済が滞ると遅延利率によって返済額が算出され、その額を返済する義務が生じます。その遅延利率とは具体的にどんなものなのか見ていきたいと思います。

遅延利率とは

簡単に言えば、遅延利率は返済を怠ったペナルティと考えられます。通常の金利より高い利率が設定されていることが一般的ですが、例えば、大手キャッシング会社のプロミスの遅延利率は20%となっています。フリーキャッシングの上限が17.8%ですから、それよりも高い利率となっていて、現在の法律下において20%は上限金利となっています。

どういう時に遅延利率が適用される?

例えば、50万円のキャッシングを行ない、毎月3万円の返済を行なうとしましょう。1回だけ返済日を過ぎても支払わなかった場合に、すぐに遅延利率が適用になるわけではありません。大手のキャッシング会社または優良会社であれば、やんわりと返済の催促をしてくるのが一般的です。

しかし、月々の支払いが何度も遅れると、キャッシング会社の対応は変わってきます。契約書に記載されているように、キャッシング契約が解除され、元本全体に遅延利率が適用になることでしょう。ですから、上と同じように50万円借りているのならば、50万円全体に遅延利率が適用になるということです。

簡単に考えれば、今まで17.8%の金利で借入を行なっていたのが、新たに20.0%という金利で返済額が計算しなおしになるという事です。当然金利が上がれば返済額も多くなりますので、是が非でも遅延利率適用になる状況は避けたいものです。

それでも払えないとどうなる?

まず、遅延利率が適用になった時点で信用情報機関に事故情報が記録されますので、あなたはブラックとなってしまいます。そうなると、現在のキャッシングの返済が済んでも次の借入はない、と考えて間違いありません。5年ほどは新規のキャッシングやローンは組めないと思って下さい。

また、遅延利率による返済が全くできないのであれば、それは明らかな資金繰りの行き詰まりです。借金のためにどこかからか借金するようなことはせずに、潔く債務整理を考慮するのがベストの選択かもしれません。しかし、このような結果にならないためには、やはり借入前から返済計画を入念に立てることや、返済への心構えをしっかり持つことが欠かせません。
(⇒確実な返済の秘訣とは