プロミス

「学生は懐さみしくてね」バイトしてる?なら学生専用キャッシング!

消費者金融業者大手の「アコム」は、学生限定利用の商品を持っています。ただし、一定の収入、つまりアルバイト収入がある事を前提として、キャッシングを行っています。しかし、学生向けの消費者金融業者は、昔から存在していました。

「友林堂」、「ヤングローンキャンパス」、「アミーゴ学生ローン」、「アイシー学生ローン」、「イーキャンパス」、「トーニチファイナンス」などが、良く利用されています。この他にも、学生向け消費者金融業者は多数存在しています。

各社、貸し出し限度額は50万円。金利も、通常の商品とほぼ同じで、安定した収入がなくても、キャッシングを可能としています。また、原則20歳以上を貸し出しの対象としていますが、中には、18歳以上でも融資可能な業者もあり、学生相手ならではと言った感を与えます。

学生向け消費者金融の特徴として、身分を証明する書類が必要ない事、アルバイト(一応、一定の収入が必要となります)先への電話は、一切かかって来ないなどが挙げられます。学生向けのキャッシングが、民間の消費者金融業者によるキャッシングだけを意味するのは日本だけです。

海外で学生向けキャッシング、「学生ローン、student loan」というと、学生本人に対する公私の融資制度を広く意味し、民間の消費者金融機関による融資のみに限られません。大手の銀行などでも、学生本人に対する融資を行っています。また政府機関などが学生本人を対象として融資するキャッシングも、「学生ローン、student loan」と海外では呼ばれています。

日本でも、大手各社が、学生向けにキャッシングを行う例は少なくはありません。アルバイトで一定の収入があれば、知名度の高い各社は、融資を行ってくれます。金利も最低では6%と、低く設定されており、「学生向け」となっています。必要書類は学生証か、所持していれば運転免許証で済みます。勿論、健康保険証でもOKです。融資限度額は、50万円が一つのボーダーラインとなっているが、それよりも多く借り入れる事も可能なケースもある模様です。

借金地獄の底なし沼、ショッピング枠現金化のキャッシングのお話

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠が設けられています。このショッピング枠を使用し、現金化してキャッシングに利用する手法が、一部ではまかり通っています。しかし、これは明らかに違法な手段です。

広く用いられている方法は、ショッピング枠を買い取るキャッシュバック方式です。例えば、ショッピング枠が100万円のクレジットカードのショッピング枠を、90万円で買い取ってもらったとします。手元には90万円が残り、一見、金利は100-90で10%に思われます。

しかし、実情は全く違います。買い取ってもらった90万円は、クレジットカード決済日の2か月後に100万円にして、返済しなければならないのです。90万円を100万円にするために必要な利息は、約11.1%、それも2か月間での利息です。金利に換算すると約67%にも上るのです。消費者金融業者が貸し出す金利は、出資法等の法律で20%が上限と定めれらていますから、いかに高利であるかが、一目瞭然でしょう。

それにもかかわらず、多重債務者などを目当てに、クレジットカードのショッピング枠の現金化する業者は、跡を絶ちません。ショッピング枠はあくまで、ショッピング代金の支払いに使用する枠であり、現金化するものでは、決してありません。法に抵触するばかりか、期日までに返済予定金額、上記のケースですと100万円を用立てする事など出来ません。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する手法は、2002年頃から増加し、今や、闇金にさえ見放された多重債務者の最後の行先と化しています。法外な金利でキャッシングする事と何ら変わりない、ショッピング枠の現金化には、決して手を染めないようにしなければなりません。苦しい思いをするのは、現金化に手を染めた本人なのです。

「アルバイトしか収入ないんだけど」大丈夫、まずは電話で相談!

アルバイト、つまりフリーターでも、一定の収入があればキャッシングを利用出来ます。アルバイトのみが収入源だとしても、審査に落ちる事はまずありません。ただし、借り入れ限度額をやや低く設定している消費者金融業者がほとんどで、相場は10万円程度となっています。

かつては、正社員として一定の収入がなければ、キャッシングを利用出来ませんでしたが、現在は、各業者、顧客を1人でも多く取り込もうと必死ですので、アルバイト、パートなどの一定の収入があれば、消費者金融業者はフリーターにも惜しみなく、融資する時代となりました。

気を付けなければならない点は、アルバイト収入の利用者、つまりフリーターには借入金額が低めに設定されている反面、金利が高めに設定されている点です。返済計画を立てる時、余裕をもって返済可能かを十分に吟味する事が肝要です。

さらに、複数の消費者金融業者からの借入を重ねて、所謂多重債務者に陥らないように、注意しましょう。審査時に、他社からの借入額もチェックされますので、自動的に複数の消費者金融業者からの借入にはストップがかかりますが、1社からの借入額が低いからと言って、何社にも申し込むのは止めておくべきです。

借入が可能なのは、大手からはほぼ100%借入可能と言って良いでしょう。新生銀行「レイク」、三菱東京UFJ銀行系「モビット」、SMFGグループの金融会社SMBCコンシューマーファイナンスの消費者金融業者大手の「プロミス」。その他にも、三菱UFJフィナンシャル・グループの「アコム」など、消費者金融業者大手からの借入が可能です。

‘給料日までピンチ!‘即日融資・無利息のキャッシングがお助け舟に

キャッシングとは、個人向けの比較的少額の融資の事を意味します。現在、ほとんど100%の消費者金融業者が即日融資に対応しており、キャッシングする側としては便利な環境となっています。また、返済期限がありますが、一定期間は無利息のサービスを売りにする消費者金融業者も増加しています。

即日融資、無利息のキャッシングで有名なのは、新生銀行の「ノーローン」でしょう。このキャッシングは、即日融資に対応しており、借りたその日から1週間以内に返済すれば、金利はゼロです。しかも、何度でもキャッシング出来るので、非常に使い勝手の良いキャッシングと言えます。

たとえば、給料日まであと1週間の時、手持ちが不足している時など、「ノーローン」を使うのも1つの手段です。PC、スマートフォン、携帯電話などから即日融資に申し込み、必要金額をキャッシング。1週間後、給料が入った時に、全額返済すれば、全くの金利ゼロで利用できるのです。

SMFGグループの金融会社SMBCコンシューマーファイナンスの消費者金融業者大手の「プロミス」も、ポイントサービスに登録すると、1か月間は金利ゼロです。勿論即日融資にも対応しており、キャッシングしてから1か月以内に返済すれば、金利ゼロで済みます。

その他の消費者金融業者でも、初回利用者限定ではありますが、即日融資で1か月間は金利ゼロでキャッシング可能な業者は、数多く存在します。新生銀行グループ「レイク」は、はやり初回利用者限定ですが、30日以内に返済すると、キャッシング額全額が金利ゼロで、180日以内に返済すると、借入額20万円以上の利用者のみの適用ですが、5万円は金利ゼロで借り入れられます。

インターネット上で検索をかけて行くと、即日融資に一定期間金利ゼロでキャッシング可能な業者が陸続と出てきますので、キャッシングしたい金額と、本当に期日内に返済可能なのかを検討した上で利用すると、賢くキャッシングを利用出来ます。

借り過ぎる人に実力行使!キャッシングにかかる総量規制の壁と盲点

キャッシングの総量規制というのをテレビのコマーシャルなどで聞いたことがありますでしょうか。近年、この総量規制が適用され、キャッシングの制限枠が設定されたのです。消費者金融で多く借り過ぎて返済不可能となってしまった多重債務者を助けるために制定されたことによって、キャッシングを申し込む際の基準ができたといってもいいと思います。

総量規制とは、年収の3分の1を超える借入れができない仕組みです。例えば年収600万円の方がどのくらいキャッシングができるというと、200万円利用することができます。キャッシングを申し込まれた側は年収を基準に利用額を算出し、他の借り入れ状況と併せて利用限度額を設定していくことになります。この規制は「貸金業法」という、キャッシングに関する法律で定められていますので、審査時にしっかりとこの規制を重視してくれない利用限度額を設定してくるようなサービスを提供してくるところは、この規制を無視しています。利用しないことをお勧めします。

総量規制でもう一つ設定されたのが「書類の定期的な提出」です。キャッシングだけでなく、クレジットカードでもこの規制が制定されており、定期的に年収証明書類とよばれる源泉徴収票などを提出しなければキャッシングなどの利用限度額が大きく変わってしまうことがあります。提出しないと、利用限度額がいきなり0になって、返済だけが残るという最悪のケースを招いてしまいますので、注意してください。

しかし、総量規制の対象とならないキャッシングも存在します。それは「銀行が提供する各種ローン」です。これが落とし穴になるのです。貸金業法では、銀行の貸付けは総量規制の対象にならないのです。それはキャッシングにも当てはまり、キャッシングのできる銀行のカードローンも一部ではこの対象から外れます。落とし穴というのは、その銀行提供のキャッシングを多く申し込み審査が通り、多重債務者となってしまうというものです。

総量規制があるとはいえ、対象かどうかをしっかり判断しておいてください。対象外と謳っているキャッシングは正直言ってあまりありません。情報をしっかり押さえて、無理のないキャッシングをしていきましょう。

審査基準は厳しい?信販系キャッシングの特徴について

信販系キャッシングという言葉を聞いたことがありますでしょうか。信販系とは信販会社が提供しているキャッシング全般を指します。信販会社というのはクレディセゾンやJCBなどが挙げられます。クレジットカードを提供している会社と考えていただければ結構です。こうして聞くと、消費者金融よりかは抵抗感が無く、キャッシングを利用する上でも、あまり考えずに利用できるのではないかと思ってしまうかと思います。

信販系キャッシングの特徴は消費者金融や銀行のカードローンの中間的な位置づけにあるといわれています。特に審査の部分ではあまり細かく調査しながら審査をしません。クレジットカードの審査をしながら、キャッシング機能が付くというケースも少なくありません。それに収入があまりない若年層の方々も審査に通りやすいというのも信販系キャッシングの特徴です。もし、銀行のカードローンに申し込んで審査で落ちてしまったという方も、この信販系キャッシングに申し込むと案外すんなりと通るということがあるかもしれません。

そして金利です。銀行系列のカードローンは最近こそ低い商品が出始めましたが、全体的にお手頃と言える金利です。銀行系列のカードローンよりも金利が多少高いというイメージを持たれている方も多いかと思いますが、銀行系列のカードローンと同じくらいの金利で貸し出せる信販系カードローンも多く出ています。金利は各社様々設定されていますので、利用する前にしっかりと確認して、シミュレーションもして返済総額を調べておきましょう。しかし、銀行系列カードローンや消費者金融でも同様ですが、借り過ぎに注意してください。またしっかり職を持っている方が該当します。アルバイトやパートの方は利用することができません。

リボ払いは便利?キャッシングをリボ払いで返済していく利点と弱点

キャッシングを申し込みたいが、利息が多くかかってしまうのは不安と考える方も多いでしょう。利用するとなれば金融機関の収入源となるわけですから、当然ながら安かろうと利息はかかってしまいます。このような考えを持っている方はなんとか今持っている資金で生活をやりくりする必要があります。

しかしどうしてもキャッシングを使わなければならないときには利息がかかることを覚悟の上で申し込みます。そんな時に返済方法をどうしようか決めていかなければなりません。金額が少なければ一括返済で利息を最低限に抑えることができますが、不可能な場合は月々支払っていかなければなりませんが、リボ払いという選択肢は避けた方がいいかと思います。

キャッシングで借りたお金をリボ払いで月々返済していくというものですが、メリットとデメリットが両方あります。パッと見ると返済額が少なくて利点ばかりと思われますが、実はそうではありません。メリットとしては先ほど申し上げましたように返済金額がとにかくいっぱい借りても一定で定額というところが挙げられます。そのような生活を続けていると、月々の返済額が同じというシステムにのめりこんでしまい、徐々に借りる額が多くなってきます。自分をコントロールできないと完全に深みにはまります。利息も非常に高いです。返済額の半額が利息で持っていかれるキャッシングもありますので、十分注意してください。

この心理がデメリットとなります。どんどん金額が知らず知らずのうちに増えていくというのは、長い間このカードを使い続け、返済していかなければならない契約を交わしてしまうようなものです。中でも多重債務者の典型例がこれです。キャッシングは「借りたお金」という意識を強く持つことが大切です。期間が延びれば延びるほど、生活環境の変化で支払えないという事態を迎えてしまうこともありますので、短期間で返済できるようになるべくリボ払いは避けましょう。

初めてのキャッシング申し込みはこんな基準で決められる

どうしてもお金がすぐに必要だという方はキャッシング機能のあるカードローンを事前に申し込んでいれば利用するかと思いますが、初めてのキャッシングとなると、申し込みから悪徳金融に引っかかっていないか心配になるかと思います。どうすれば悪徳金融かどうかを見極められることができるのでしょうか。

キャッシングする際の注意点は、自分の返済能力を超えた金額を借りないことです。初めての申し込みでは色々情報をカード会社に伝えながら、キャッシングができるかどうか審査に臨むかと思います。まずポイントの一つは利用限度額です。例えば年収の半額以上の限度額を設定されることです。現在の貸金業法は年収の3分の1以上キャッシングを利用することはできません。総量規制と呼ばれる法律を無視した契約内容を聞かされたらまずは、利用していいか疑わなければなりません。

次に銀行系列のカードローンかどうかです。これにより多くのカードローンは、金利がかなり低く設定されています。銀行はより貸しやすいキャッシングを提供しています。例えばプロミスは三井住友銀行系列のカードローンです。最低利率は6%程度です。例えば100万円のキャッシングを1年間借りていたとすると、払う利息は6万円程度で済みます。他のカードローンもだいたいこのくらいです。しかし、悪徳金融会社ではいきなり金利が高く設定している、もしくは知らず知らずに金利が上がっているというケースがありますので、契約時には金利がどのくらいなのかしっかり確認する必要があります。

最後にオペレータなどサポートサービスが充実しているかです。インターネットやコールセンターなど困った時に相談できたり確認できるサービスが充実しているか調べておかなければなりません。しっかりサポートできる体制ができていないと、ある日相談しようと連絡したら、突然電話がつながらなくなったなどサポートができなくなる会社であれば契約はお勧めできません。

こういった注意点をクリアしながら契約しキャッシングを利用するわけですが、自分の返済能力を超えた金額を借りないように注意してください。

アルバイトでもキャッシングが申し込めるカードローンについて

キャッシングはやっぱり有職者じゃないと申し込めないのか、無職になってしまったらキャッシングは止まってしまうのか不安に駆られる方も多いかと思います。しかし近年のキャッシングは、銀行系列になったカードローンは、有職者でも色々な雇用形態に対応しています。

インターネットなどでカードローンの申し込み対象者を見てみましょう。例えば、三井住友フィナンシャルグループのプロミスでは主婦や学生の方でも、パートやアルバイトで安定した収入がある方は、申し込み可能です。20歳以上ならば対象者となります。まずは借入額はどのくらいになるのか、シミュレーションをしてみるといいでしょう。借入診断はどのカードローンでもインターネットで可能です。あくまでも収入があまり無い状況で申し込みをするわけですから、借り入れが収入から申し込めないという場合もあります。十分に確認を取ってから申し込んでください。

アルバイトでもキャッシングを申し込むことができるというのは、仕事を失った人でアルバイトで生計を立てている人にも、申し込めるということです。ある日突然リストラに遭って仕事を失った方や、体調不良などで一時的に仕事を無くしてしまった方にとっては朗報かもしれません。ただし、アルバイトですので収入はかなり少ないかと思います。一時的なキャッシングという形で申し込むというのがベストでしょう。キャッシングが利用できるようになったら、再就職して収入を継続的に得られるようになれば、キャッシング利用限度額を増やすことができるでしょう。

借りる際の注意点としては、何とか借入ができるという状況だという認識が必要です。審査の結果、キャッシングができないということもありますので、自分の収支状況をしっかり把握してから申し込んでいきましょう。

毎月のコンタクトは名古屋で購入したがプロミスも利用することに

名古屋市在住 H.Oさん(21歳)
名古屋に住み始めてからようやくコンタクトレンズというものをつけるようにしました。正直今までは面倒くさいし、お金もかかるからという理由で裸眼で通していました。しかし裸眼ではまったく見えない部分が出てきたので、泣く泣くコンタクトを購入したのです。

元々仕事は単純労働の製造業をしていたのですが、小売業をするようになりました。フリーターなので他にも色々な仕事をしてきていますが、小売業やサービス業などでは遠くを見て案内することもあります。そういう時に見えないからとしかめっ面になることが多かったんです。

店長や上司からも「それはやめとけ」と言われたりするようになったので、仕方なく名古屋に移ったこともあるし、とりあえずはコンタクトレンズを買うことにしたのです。初めてでしたが、友だちもつけている人は多数いたので、心配はしていませんでした。

つけるのは簡単にできましたが、結果的にプロミスを使うことになりました。コンタクトレンズの購入が思った以上高かったからです。プロミスを使うほどだとは思っていなかったので給料日前に行ったのですが、眼科の検診を受けてから購入すると、かなりの値段がしたのです。

結果的にプロミスで借入することになりましたが、毎月こういう風にして眼科に行ってからコンタクトを買うということをみんなしているんでしょうか?余りにもお金がかかりすぎると思うのですが…もう裸眼でもいいならそのままでいたいくらいです。

でも確かに一気に見えるようになったんですよね。今までしかめっ面をしても見えなかったところがはっきりと見えるようになりました。それだけコンタクトは便利なんですけれども、プロミスを使ってまで購入すべきかは悩むところです。

もうこうなったら一気にレーシックをしてしまって、少しずつ返済していくという方がお金がかからないんじゃないか?というふうにも考えています。近々どうするか結論を出したいと思っています。